中原区版 掲載号:2012年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 保育サービス 質の確保へ 公立保育所を再構築

教育

 川崎市は2日、「『新たな公立保育所』のあり方基本方針」を明らかにした。現在、市内に58カ所ある公立保育所を各区3カ所に減らし、他を民営化。3カ所の公立保育所は機能強化し、他の保育所をサポートする体制をとる。

 川崎市では待機児童解消に向けて、4000人超の定員枠拡大を図る「第2期川崎市保育基本計画」を11年3月に策定。民間保育所の拡大を進めていく中で、保育サービスの質の確保が緊急の課題となっていた。この課題をクリアするため、「新たな公立保育所」として区ごとに3カ所を選定し、他の保育所をサポートすることとした。

 「新たな公立保育所」が持つ機能は主に3つ。地域の子ども・子育て支援(プレパパ・プレママ応援事業や保育相談)、民間保育所等への支援(連携強化や公立保育所の施設の有効活用)、公・民保育所の人材育成(公開保育や実技研修)を担う。従来の保育園としての機能を維持しつつ、各区のニーズや課題、地域の実情にあわせたきめ細かい支援を図るため、1カ所は「センター型施設」、2カ所はセンターを補完する「ブランチ型施設」とする。

 市では13年4月から2区または3区で3カ所ずつ選定し、先行で進める。課題等を検証した上で14年4月から全区で実施していく予定。生後43日目から受入を開始する産休明け児童の受入施設や、乳児園併設施設など様々な特徴を持った種別の保育所を、バランスよく選ぶ方針。

 市の担当者は「各区の方針があるので、意向や意見を聞いた上ですり合わせて選定していきたい」と話している。

 新たな公立保育所以外の37カ所については、社会状況や職員の退職動向等を考慮した上で、毎年3〜5カ所程度、順次民営化等を実施していくとしている。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク