中原区版 掲載号:2014年3月14日号 エリアトップへ

中丸子みゆき子ども会 50周年式典で新旧交流 新ロゴマークも発表

掲載号:2014年3月14日号

  • LINE
  • hatena
多くの児童が出席
多くの児童が出席

 今年で創立50周年を迎える中丸子みゆき子ども会の記念イベントが3月1日に下沼部小で行われた。同会ではマンションの建設ラッシュにより中丸子地区の人口が増えていることから、新旧住民の交流の一翼を担っていきたいとしている。

◇◇◇

 現在、中丸子みゆき子ども会の会員は238人。再開発地区のマンション建設ラッシュに伴い、大幅に増えているという。同子ども会育成会会長の山内義雄さんは「みゆき地区では流入による人口増加が著しく、お子さんの数も増えている。このような機会に大々的にイベントができて嬉しい」と話す。

 50周年を記念して行われた同イベントは、『6年生を送る会』と『50周年記念行事』の2部構成で行われた。当日は78人の児童らが参加。子ども実行委員発案のゲームや、役員主催の子ども会クイズが会場を盛り上げた。また、子ども会の歴史や昔のみゆき地区の風景を写したスライドが流されると児童のみでなく保護者からも「知らなかった」「懐かしい」などの声が漏れたという。山内さんは「子ども達だけでなく、新しく中原区にこられた人たちにも地域のことを学び愛着を持って欲しいと歴史紹介や記念誌を配布させて頂いた。子ども会が新旧住人の橋渡しになることが出来れば」と話した。

 今回のイベントではみゆき子ども会のシンボルとなるロゴマークも発表。発案した小学1年生の藤原凛音ちゃんは「子どもでも大人でも一目でわかりやすいマークにしたいと思って、誰もが知っているスマイルでデザインを考えてみました」とコメントを寄せた。

中原区版のトップニュース最新6

人気漫画の翻訳版、292冊

国際交流センター

人気漫画の翻訳版、292冊 文化

図書室に設置「学びの機会に」

10月22日号

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流

市立橘高2年生

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流 教育

友好都市40年を機に

10月22日号

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

図書館で原画展示

藤子ミュージアム10周年

図書館で原画展示 文化

10月15日号

区制50周年へ企画案

中原区

区制50周年へ企画案 社会

「交流を深める機会に」

10月8日号

子育てパパを主役に

街ナカアート

子育てパパを主役に 文化

参加型企画、大盛況

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook