中原区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)ガバナーに就任した 大野 清一さん 横浜市在住 73歳

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

「世のため人のため」を実践

 ○…社会奉仕のためさまざまな活動を世界で繰り広げているロータリークラブ。横浜・川崎の60クラブ、約2千人の会員が所属する「第2590地区」の統括役・ガバナーを1年間務める。就任前には、世界各国の候補者とともに、アメリカで研修を受けた。「1週間缶詰でレクチャーを受けたり、討論したり。阿波踊りを披露して親睦を深めあうこともあった」と笑い、ガバナーとしての1年間に期待を膨らませる。

 ○…鶴見中央の東宝タクシー(株)の代表取締役会長。創業者である父は、自身が大学在学中に亡くなり、20代半ばにして社長に。ロータリーへは、地元の経営者らの勧めで入会。仕事を通じた職業的奉仕にこだわり、タクシーのサービスの水準がまだ低かった時代から、その底上げに尽力してきた。「『世のため、人のため』というロータリーの精神を、仕事を通じ実践しようと努めてきた」。昨年同社は創業60周年を迎えた。節目を機に社長のバトンは今、息子に引き継がれている。

 ○…慶応大学商学部卒。タクシー業界に飛び込むまでは、国際的に活躍する報道記者に憧れていた。特派員などの活躍を見て、「外国の見聞を日本へ広めるのが夢だった」と明かす。政治や経済など幅広い知識を持ち、特に労働問題については「ライフワーク」と言えるほど。タクシー協会の労務委員などを務めた経験もある。息抜きは、ケリーブルーテリアの愛犬・アンディとの散歩や、子どもたちや孫と食事をするひとときだという。

 ○…国際ロータリーは今年度「ロータリーに輝きを」というテーマを掲げる。この言葉を踏まえ、「インターアクトなど若者と共に、奉仕活動に取り組み、地域を明るくしていきたい」と語る。特に重視したいのが、広報活動。「活動を知る機会が少ない一般の人の認知をアップし、『入ってみたい』と思ってもらえたら」。これからもひたむきに、人と社会に力を尽くしていく。

中原区版の人物風土記最新6

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

川野 安子さん

25年にわたり子どもの支援に取り組む「ベビーキルトかわさき」の代表を務める

川野 安子さん

多摩区在住 81歳

3月13日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

中原区の小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通じたまちづくりを行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

3月6日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク