神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

「100Kmウォーク」のイベントを企画した、ブレーメン通り商店街青年部長 小林 規一郎さん 木月在住 48歳

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

活気呼ぶ、飽くなき探求心

 ○…湯河原から元住吉までの100Kmを一晩かけて歩くプロジェクトを初めて企画し、この日のために練習してきた仲間7人が完歩を達成。「それぞれに物語があって、ゴールを見届けた時は心が震えるほど感動した」。確かな手応えをつかみ、早くも一年後の本格実施に向け動き出している。「いずれ5千人規模のイベントになりうる可能性は十分にある」。そんな思いを共有する仲間の輪が、100Km圏内で広がり始めている。

 ○…戦隊モノ、歌とダンスの防犯活動、音楽バンドのプロデュースなど、数々のアイデアを生み続け、商店街に活気をもたらしてきた。「仲間との対話の中でひらめくことが多くて。いま思い描いているのは、子育て、食、防災、芸術、で商店街を盛り上げること」。「住んでいる元住吉をもっと楽しく」が、飽くなき探求心の源だ。

 ○…中学の同級生と結婚し、交際から30年以上経った今も夫婦げんかは無し。二十歳前後の3人の子どもとはカラオケやスノーボードに出掛けることも。そんな家族仲の良さは「子どもの前で父親を立ててくれる妻のおかげ」。建築会社の3代目として、社内で掲げる経営理念は「イミ(意味)デザイン」。「デザインには格好良さだけでなく、その形や素材に意味があるもの。そこを大切にしたい」。職人としての責任を胸に、あらゆる要望に応え続ける。

 ○…座右の銘は「生きるということは死ぬということ」。「人生をどういうふうに死んでいくか。後悔したくない。色々と経験して、冒険もして、やりきって死に終えたい」。スポーツもアウトドアも「楽しそうなことは全てやった。でもまだやりたいことがある」。貴重な人生を自分のため、家族のため、地域のために注ぎ続ける。

中原区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

市内在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物―川崎市誕生ものがたり―』で主役を演じる

高橋 宏和さん

多摩区在住 52歳

5月10日

山本 芙佐子さん

着物リメイクを通して寄付活動を行う

山本 芙佐子さん

上平間在住 80歳

5月3日

鹿島 連(むらじ)さん

中原消防団の第20代団長に4月1日付で就任した

鹿島 連(むらじ)さん

下小田中在住 62歳

4月26日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook