中原区版 掲載号:2014年12月12日号 エリアトップへ

市民活動支援に新手法を 検討委が市指針に提言

社会

掲載号:2014年12月12日号

  • LINE
  • hatena

ファンドや中間組織の活用

 川崎市の市民活動支援のあり方を示す指針の改定作業を進めてきた有識者らによる検討委員会がこのほど、福田紀彦市長に報告書を提出した。従来の支援策から一歩踏み込み、市民ファンドや中間支援組織の活用などを提言した。

 報告書を提出したのは、大学教授に加え、市民活動団体や町内会・自治会、金融機関などから推薦された委員と公募による市民委員ら10人で構成される同指針改定検討委員会(委員長=名和田是彦法政大学教授)。今年1月から9回の会議を重ね提言をまとめた。

 現状の市民活動支援指針は2001年に策定され、10年以上が経過している。社会情勢の変化に伴いコミュニティビジネスやソーシャルビジネスといった新しい概念の普及拡大、企業や大学の参入など活動手法や地域の担い手が多様化してきた。

3つの方向性を提言

 こうした状況に対し、報告書では市の支援策として▽新たな支援手法や支援メニューの開発・活用▽支援施策の体系化等による効率的な支援体制の確立▽事業や支援をつなぐコーディネーターの育成――の3つの方向性を盛り込むことを提言した。

 例えば、ウェブサイト上に地域課題や活動に関する情報をまとめて情報交換できる仕組みや、市民活動の資金を捻出するための市民ファンドの活用、活動団体と必要な人材をつなぐ中間支援組織の枠組み整備など。参加と協働の拠点として区役所の役割も求めた。

 市は、この提言を受けて新たな外部委員会を立ち上げて具体化し、16年3月までに指針をまとめるとしている。報告書は市のホームページなどで閲覧することができる。

中原区版のトップニュース最新6

市内初の「分煙強化型」に

武蔵小杉駅喫煙場所

市内初の「分煙強化型」に 社会

煙拡散を軽減

12月13日号

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 社会

インバウンド効果に期待

12月13日号

8年ぶり男女で県V

市立橘高バレー部

8年ぶり男女で県V スポーツ

「春高」への切符掴む

12月6日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化

12月6日号

30日、武蔵小杉に乗り入れ

相鉄・JR直通線

30日、武蔵小杉に乗り入れ 経済

県央部へのアクセス向上

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク