中原区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

中原区内振り込め詐欺 被害額1億3000万円に 年末は還付金狙いに注意

社会

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena

 振り込め詐欺の被害が止まらない――。中原警察署によると、今年の11月末までの被害額は昨年一年間の約1・5倍の1億3000万円で、件数も上回った。昨年は12月に被害が多発したこともあり、同署では警戒を強めている。

 今年の区内での被害額は11月までで昨年の約8500万円から約1億3000万円に増加。件数も同35件から42件に増加した。昨年は12月に8件の被害が発生していることから被害が膨らむ可能性があるため、同署の担当者は「年末年始は税金や医療費の還付金詐欺でだませると思われている。現在も前兆電話が常に区内のどこかにはかかってきている状態なので、注意してほしい」と話す。

 税金や医療費の還付金詐欺の手口は、区役所の職員などを騙るのが主流。「還付金がある」と嘘の話しを持ちかけ、電話口でコンビニなどに誘導しATMの操作を指示し振り込ませる。

 12月12日現在、すでに4件の未遂が確認されている。金融機関の窓口で食い止めたのが2件。現金を用意したものの、怪しいと思い警察に通報して発覚したのが2件。しかし、被害は一向に減る気配がない。同署では「中原区は武蔵小杉を中心に再開発で注目を集めているエリア。交通の便が良くなり、犯行グループも来やすい環境になっている」と推測。現在も特別対策を進め、警戒を強めている。

犯罪者に仕立てる名義貸しに注意を

 また、同署では債権の名義貸しによる詐欺に気を付けてほしいという。証券会社を騙る人が得する証券の販売をもちかけるが、断ると「名義だけ貸してほしい」と依頼してはじまる詐欺。「名義を貸すだけでいいなら」と安易に話に乗ってしまうと、別の人間から「名義貸しは犯罪だ」と指摘され口止め料などを請求される。今年3月には3800万円の被害がでる事件も発生している。同署では「息子、孫、還付金、債券などは詐欺を疑ってほしい。電話でお金を請求されたら、110番など警察に電話を」と呼びかけている。

中原区版のトップニュース最新6

伝えたい「31字の魅力」

中原短歌会

伝えたい「31字の魅力」 文化

会員10人、高齢化課題に

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

「丸子花火」 試し打ち

「丸子花火」 試し打ち 文化

10月10日 継続を検証へ

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 スポーツ

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

等々力球場 10月「開幕」

等々力球場 10月「開幕」 スポーツ

ハマスタ以上、県内最大

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一日限定アート鑑賞

10月10月 交流センターで

一日限定アート鑑賞

10月10日~10月10日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク