中原区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

JAセレサ川崎 大型直売所2号店、宮前区に 来年10月オープンを予定

社会

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
麻生区にあるセレサモスの店内
麻生区にあるセレサモスの店内

 セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎・柴原裕代表理事組合長)は、大型農産物直売所「セレサモス」の2号店を宮前区宮崎に出店する。10月の理事会で決定した。オープンは来年10月を予定している。

 セレサモスは、2008年に麻生区黒川にオープンしたJAセレサ川崎のファーマーズマーケット(大型農産物直売所)。「市内唯一の大型直売所」として人気を誇り、今年6月には来場者200万人を達成している。

 JAセレサ川崎の総務部によると、「セレサモスがある麻生区は川崎市内で最北部なので、市の中心部にも大型直売所がほしい」との声が組合員から寄せられていたという。そこで昨年から2号店の出店計画を本格的にスタートさせ、今年10月の理事会で正式に決定した。

 2号店の出店場所は、宮前区宮崎2丁目(JA全農かながわの牛乳工場跡地)。東急田園都市線「宮崎台」駅から徒歩圏にある。

 名称は「セレサモス宮前店」で、オープンは来年10月を予定している。

 敷地面積約7000平方メートルに2階建ての店舗を建設。110台の駐車場を確保し、ツアー客などに対応するため、大型バスの駐車場も設置するとのこと。

 売場は1階で面積は約300平方メートルを予定しており、2階は多目的スペースとして、料理教室の利用などを想定しているという。

 また、敷地内には農業資材を販売する店舗も併設する予定だ。

 JAセレサ川崎は「2号店を出店することで、川崎の地場野菜のさらなるPRにつながるはず。地域の農業の発展にも寄与したい」とセレサモス宮前店の出店に期待を寄せる。

中原区版のトップニュース最新6

区内43施設を立入検査

中原消防署

区内43施設を立入検査 教育

大阪のビル火災を受け

1月14日号

体力、コロナ前下回る

川崎市内

体力、コロナ前下回る 教育

小5・中2全国調査で

1月14日号

区制50周年、新たな扉を

区制50周年、新たな扉を 社会

永山区長、2022年を語る

1月7日号

等々力緑地に賑わいを

川崎市と民間企業

等々力緑地に賑わいを 社会

多彩なテーマで3日間

1月7日号

176年ぶり手水舎刷新

176年ぶり手水舎刷新 文化

神明大神「地域のつながりに」

1月1日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook