中原区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

NECレッドロケッツ 川崎で10年、節目のV 若手の活躍光る

スポーツ

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 中原区のNEC玉川事業場体育館(下沼部)を拠点に活動するNECレッドロケッツは4月4日、東京体育館で行われた2014/15V・プレミアリーグの優勝決定戦で久光製薬スプリングスと対戦。セットカウント3―1で勝利し、10年ぶり5回目のリーグ優勝を果たした=写真。2005年に本拠地を横浜市都筑区から中原区に移して以降、しばらく優勝から遠ざかっていたが、移転から10年の節目の年に川崎市のチームとして初の頂点に立った。

   ◇  ◇  ◇

 ファイナルは元全日本の中田久美さんが監督を務める久光製薬と対戦。大会三連覇をめざす相手に、最初のセットを僅差で落とすも、一進一退の攻防を制して、3セットを連取して勝利を手にした。

 さらに、12日にソウルで行われた日韓のチャンピオン同士が対戦するトップマッチでも韓国のIBK企業銀行アルトスをセットカウント3―0で撃破。チームは日韓の頂点に立った。

「地域の人に支えられ」

 レッドロケッツの昨年の成績はリーグ5位。昨シーズン終了とともにチームを支えてきたベテラン選手が大勢チームを去り、一気にチームが若返った。そんな中、キャプテンに就任した秋山美幸選手は、「チームに優勝を経験した人がいなくなった分、今までと同じことをしていたのでは勝てないと思った。逆にチームが若くなった分、年齢に関係なく、一人ひとりが『自分が中心になってチームを作っていく』という意識でやっていこう」とチームを鼓舞した。その言葉通りチームは成長を続けリーグを制覇。現在は、5月から大阪府で行われる黒鷲旗全日本大会に向けて調整に余念がない。

感謝の気持ちで

 レッドロケッツは中原区下沼部に移転した年の7月に川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーの認定を受けた。現在では、区民祭などのイベントで、バレーボール教室を開催するなど、地域との結びつきも深い。秋山選手は「地域の人に支えられてバレーボールができているので、イベントには感謝の気持ちを持って参加している。子どもたちには教室を通して『バレーをやりたい』と思ってもらえたら嬉しい」と話す。

▲歓喜に沸くチーム
▲歓喜に沸くチーム
▶主将の秋山選手
▶主将の秋山選手

中原区版のトップニュース最新6

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

図書館で原画展示

藤子ミュージアム10周年

図書館で原画展示 文化

10月15日号

区制50周年へ企画案

中原区

区制50周年へ企画案 社会

「交流を深める機会に」

10月8日号

子育てパパを主役に

街ナカアート

子育てパパを主役に 文化

参加型企画、大盛況

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月1日号

マラソンコース修復完了

多摩川

マラソンコース修復完了 社会

台風被害から2年

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook