中原区版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

(株)日本エレクトライク 川崎発の自動車会社に 独自の電気車両、国交省が認定

経済

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
松波社長と電気三輪自動車
松波社長と電気三輪自動車

 区内のベンチャー企業、(株)日本エレクトライク(松波登社長)が、川崎発の自動車会社として新たな一歩を踏み出した。これは同社が製造する電気三輪自動車が8日、国土交通省から自動車型式認定を受けたため。

 昭和30年代に一世を風靡した三輪自動車。(株)日本エレクトライクの松波社長も学生の頃に乗車していたというが、転倒事故が多かったことなどから次第に姿を消していったという。それでも、「現代の技術なら高性能車として復活できるのではないか」―。 

 足掛け12年、国交省が定める保安基準への適合性など厳しい審査をクリアし型式認定を取得、ついにその夢を実現させた。

家庭用充電で60Km走行可

 同社の電気三輪自動車の特徴は、家庭用コンセントで10時間充電すると約60Km走行でき、一人乗りで積載量は150kg。最高時速は50Kmで、左右後輪のモーターを個別に制御することで転倒する不安を解消した。最小回転半径は2・8mと小回りもきくため、狭域で利用する宅配業者などに適しているという。

 また、車両価格は今回の認定を受けたことで、経済産業省の助成金を活用でき100万円程度になるという。同社では今後、生産・販売を本格化していきたい考えだ。

「アジアの環境変えたい」

 松波社長が、環境に優れた電気三輪自動車の開発をめざし、東海大学と産学連携で取組みをスタートさせたのは2004年。それから2年後の06年には「川崎市起業家オーディション」で大賞を受賞、13年には「かわさき環境ショーウインドウモデル」に採択され、地元企業数社と実証実験も行っていた。

 松波社長が掲げる目標は、アジア圏の車環境を変えること。「排気ガスによる大気汚染が深刻な社会問題になっている。CO2排出ゼロの電気自動三輪車を普及させることで、環境問題の解決に寄与したい」と熱を入れる。現在取引しているインドの二輪車メーカーに技術供与しながら、東南アジアでの販売も視野に入れていく構えだ。

中原区版のトップニュース最新6

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

市内で減少 コロナ影響か

運転免許自主返納

市内で減少 コロナ影響か 社会

75歳以上は顕著

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク