中原区版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

参院選投票率 中原区、18・19歳で59.83% いずれも市内で最高に

社会

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena

 投票権が18歳以上に引き下げられ、初の国政選挙となった7月の参院選。川崎市はこのほど、18歳、19歳の投票率の調査結果を公表し、中原区はいずれの年齢とも市内で最高だった。

 今回の参院選における中原区の当日有権者数は18歳が1774人、投票率は64・26%。同じく19歳は1853人、55・59%だった。一方、川崎市全体の投票率は18歳が60・91%、19歳が52・2%で、中原区がいずれも市全体を上回った。

 18歳・19歳の投票率が全体と比較して高くなったことについて市選管では、市立高校を中心に9校、約2700人に行った出前講座が功を奏したとし、「若年層啓発などの取組が一定の成果を挙げた」と分析する。

 中原区では、市内で最も多い3校(県立新城、市立橘、市立中央支援学校高等部分教室)で出前講座が行われたほか、元住吉のブレーメン通り商店街が投票した18歳・19歳の人に商店街での買い物ポイントを2倍にするなどして、投票率向上に一役買った。また、18歳選挙の広報CMの放映をアゼリア(川崎区)、ノクティ(高津区)とともに、武蔵新城駅前の大型ビジョン、Jリーグの公式戦に合わせて等々力陸上競技場でも行った。中原区選管では「高校に通うのは中原区の生徒だけではないので、学校での啓発活動が投票率トップになった要因だと言いきるのは難しい。他の活動も同じだが、結果的に中原区の投票率が高くなった」と回答。市では、今後も高校での選挙啓発を継続するとともに、有権者への啓発も推進するとしている。

中原区版のトップニュース最新6

「室内プール」で復活へ

等々力緑地再編整備

「室内プール」で復活へ 教育

ストリート系専用広場も

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

初の関東で実力示す

サッカーAC等々力

初の関東で実力示す スポーツ

「史上最強」でリーグ昇格も

11月19日号

CO2濃度、影響を検証

平間小

CO2濃度、影響を検証 社会

3者連携で実証実験

11月19日号

若者が編集「まちのため」

市政だより中原区版

若者が編集「まちのため」 教育

区と連携、初の試み

11月12日号

坂本九さんとともに優勝

川崎F

坂本九さんとともに優勝 スポーツ

「明日があるさ」信じて

11月12日号

中原区役所よりお知らせ

地元ショッピングモールで2つのイベント開催

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook