中原区版 掲載号:2017年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

フロアボール男子U-19 5月から世界大会へ 市内10選手が代表入り

 川崎市内小中学校の体育館を拠点に活動するフロアボール男子U―19の日本代表チームが、5月2日からスウェーデンで行われる世界選手権に出場する。中原区からは坂詰友一朗さん(高3)が出場する。

 日本代表チーム20人のうち半数は、川崎市出身・在住者。地域住民が自主的に設立・運営を行っている中野島総合型スポーツクラブ「ビルネ」でフロアボールを始めた選手も多いという。

 昨年9月に山梨県で行われたアジア・オセアニア予選大会を突破。先月29日から市内各地の体育館で合宿を行い、最終日となる4月2日、宮前スポーツセンター(宮前区)で壮行試合を行った。ヨーロッパ中心のチームを相手に序盤はリードされたが第3ピリオドで追いつき、9―8で逆転勝利した。

 加藤宗一監督(62)は「今回のチームは今までで一番戦術ができるチームに仕上がっている。これまで世界選手権予選で勝てたことがないので、まずは1勝。そして2勝して、予選リーグを通過したい」と話していた。

 世界選手権は16カ国が参加。日本は初戦、ノルウェーと対戦する。

 代表に選ばれた川崎市出身の選手は以下の通り(敬称略)。原田和志(多摩区)、安部海夢(麻生区)、兼重涼(多摩区)、若狭大矢(多摩区)、霜山稜介(多摩区)、齊藤佑太(多摩区)、高橋飛翔(多摩区)、坂詰友一朗(中原区)、猿渡成(宮前区)、永田伶亜(麻生区)。

 フロアボールは、スティックと穴の開いたプラスチックの軽いボールを用いる競技スポーツ。アイスホッケーに近い競技スタイルで、1970年代にスウェーデンで発祥した。1チームはゴールキーパー含め6人編成で、室内コートで2チームが対戦して得点を競う。

中原区版のトップニュース最新6件

改良土 使用再開へ

川崎市公共工事

改良土 使用再開へ

2月23日号

2カ所で渋滞緩和へ

区内交差点

2カ所で渋滞緩和へ

2月23日号

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク