中原区版 掲載号:2017年7月14日号
  • LINE
  • hatena

釜山国際子供・青少年映画祭で入賞した作品『学校は二度死ぬ』で脚本・監督を務めた 石井 理子さん 平間中3年 

映画監督に前のめり

 ○…KAWASAKIしんゆり映画祭の中学生が映画を制作するワークショップで、昨年の脚本・監督を務めた。その上映作品『学校は二度死ぬ』が釜山国際子供・青少年映画祭で入賞作品となり、韓国で行われている同映画祭に出席する。当日は監督としてゲストトークにも臨む。「隣の国の学生が選んでくれたことは嬉しい。何を話すかはこれから決めます。英語で話さなきゃいけないので緊張する」と話す。

 ○…きっかけは一枚のチラシだった。昨春、学校でワークショップの募集を知り、映画好きなこともあって、すぐに応募を決めたが、詳細を見ると申込締切は翌日。条件には脚本の持参が明記されていた。「テスト期間中で脚本を書く時間がないし、撮影で夏休みはつぶれるし、ちょっと迷った」と躊躇したが、翌朝には、脚本を手に説明会に参加。監督には自ら立候補した。「はじめから監督をやりたかった。撮影、照明、録音、美術など全てできるのが魅力」と目を輝かせる。

 ○…平間中では美術部に所属。コンクールに出品する作品の制作に忙しい。最近は海外の魅力に取りつかれており、「欧米の文化や建物を本で見たり知ったりするのが面白い」とにっこり。中3で進路に迷う時期だが、「映画の道には進めたら進みたいな」と謙虚。「ひとまず、第一志望の高校に受かるために受験勉強がんばります」と意気込む。

 ○…初めての映画制作は「最初は何をどうしていいのかわからなかった」と戸惑ったが、真剣が故に仲間と意見がぶつかりあうことも。「でも、最終的に映像になったときは感動した。みんなに助けてもらったからできました」と振り返る。人前で話すのが苦手だったが、制作を経験して克服。「監督はみんなの前で意見を言わなきゃいけない。逆に得意になりました」と照れ笑い。今年度も監督としてメガホンを握る。「今作の反省が沢山ある。それを活かして作りたいですね」

中原区版の人物風土記最新6件

中村 美那さん

日本競輪学校の女子第9回試験に合格した

中村 美那さん

2月15日号

竹部 貴司さん

コアパークフリマを運営するリサイクル運動推進事業協会で代表を務める

竹部 貴司さん

2月8日号

宮井 典子さん

多摩川河川敷で3月に開催される「ホワイトリボンラン川崎」の実行委員長を務める

宮井 典子さん

2月1日号

松本 陽子さん

横浜保護観察所の被害者担当保護司を務める

松本 陽子さん

1月25日号

迫 稔雄(さことしお)さん

ヒット漫画『嘘食い』の作者で、現在『バトゥーキ』を連載中の

迫 稔雄(さことしお)さん

1月18日号

海野 惠美子さん

(一財)川崎市母子寡婦福祉協議会(つくし会)の理事長を務める

海野 惠美子さん

1月11日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク