中原区版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

井田小図書館 土日開放し続け10年 地域ボランティアの手で

教育

本を手に利用を呼びかけるメンバー
本を手に利用を呼びかけるメンバー

 井田小学校の図書館が、地域に開放されてから10年。今も地域のボランティアの手によって、毎週土日、本の貸出などが行われている。「より多くの方に利用してほしい」と改めて周知を図る一方で、人手が不足している運営スタッフの協力も呼びかけている。

 井田小の図書館が開放されているのは、毎週土日の午前11時から午後3時まで。新刊も随時購入しながら、常時1800冊ほどを取り揃えている。利用者は1日に20〜40人ほど。登録申請すれば、1人最大3冊まで借りることができる。

 利用者からは好評だ。区内には中央図書館としての機能をもつ中原図書館が小杉にあるが、井田地域からは遠く、また利用者が多いために人気の本を借りるのに数カ月待つことも少なくない。その点、井田小の図書館は「近場で利用しやすい」、「人気の本でも待たずに借りられる」との声が聞かれる。

実施校は10に減少

 そもそも小学校の図書館開放は、「読書のまち・かわさき」の一環として、市教育委員会が2004年4月に始めた。07年からは貸出もされ、一時は市内17の小学校で図書館が開放されていた。しかし、ボランティアの確保などが壁となり活動を断念したり、実施日を制限したりする学校もあり、今も活動を継続しているのは10校のみ。井田小では現在15人のボランティアがシフトを組み、実施校中で最多の月8回開放している。また、市からの事業費のほとんどは本の購入に充てられるため、広報も充分にできず周知は口コミに頼っている。

 代表の三好希さん(56)は、「活字に親しむことは、教育にも親子関係を育むためにも大切。利用者から喜んでもらっている限りは継続していきたい」と話す。また、ボランティアについては、「PTAや保護者の方にご協力頂くのが望ましいが、子育てなどで余裕もないと思う。ご賛同いただける方に、ご協力頂ければ嬉しい」と呼びかけている。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク