中原区版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

地区カルテなど新19事業 区地域福祉計画 来春始動

社会

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

 中原区は、第5期中原区地域福祉計画案をこのほど公表した。同案では、社会的弱者とされる子どもや高齢者、障害者らの支援体制をより手厚くするため、地区カルテの作成、活用を含めた19の事業を新たに追加。来年度から計画をスタートさせる。

 中原区地域福祉計画は、2004年から進められている川崎市の計画をもとに、福祉の課題を解決するために策定されている。計画は市計画と同様に3〜4年ごとに更新され、来年4月からは第5期を迎える。

 今回の区計画案では、第4期の基本理念である「福祉のこころ、人と人との橋わたしで支え合える地域づくり」を継続しつつ、これからの課題にも対応するため、イベント等での障害者の支援者配置、高齢者の相談支援体制の充実、虐待に関わる相談支援の充実など、新たに明記した19の事業を含めた65の事業に取り組む方針だ。

 なかでも特徴的なのが地区カルテの活用。地区カルテとは、地域の人口や資源の情報をまとめたもので、地域の課題解決に有用とされる。中原区の場合、区内を5地区に分けてカルテを作成しており、これを用いる。今年度は、高齢者が多い地区と乳幼児が多い地区が混在する大戸地区をモデルケースに10月からワークショップが行われ、地域住民が理想の将来像について意見を出し合った。多世代交流、認知症対策、高齢者の役割など活発な意見交換がされ、参加者は「高齢化社会が進むなかで、自分たちが暮らす地域を、どんな場所にしたいのか前向きな話し合いができた」と手応えを感じているという。担当する区地域ケア推進課の担当者は「モデルとなる大戸地区でのノウハウを生かして、ほかの地区にも広げたい」と話す。

意見公募、説明会も

 現在、市ではこの計画案に対するパブリックコメントを実施し、2018年2月5日まで意見を募集している。また、同1月19日の午後6時30分からは中原区役所で区民説明会も行われる予定だ。

 計画案は中原区役所などで閲覧できるほか、川崎市のウェブサイトから見ることができる。

中原区版のトップニュース最新6

市内初の「分煙強化型」に

武蔵小杉駅喫煙場所

市内初の「分煙強化型」に 社会

煙拡散を軽減

12月13日号

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 社会

インバウンド効果に期待

12月13日号

8年ぶり男女で県V

市立橘高バレー部

8年ぶり男女で県V スポーツ

「春高」への切符掴む

12月6日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化

12月6日号

30日、武蔵小杉に乗り入れ

相鉄・JR直通線

30日、武蔵小杉に乗り入れ 経済

県央部へのアクセス向上

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク