中原区版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市予算案 子ども、経済活性に注力 過去最大規模の7,366億円

経済

 川崎市は2月6日、2018年度の予算案を発表した。一般会計は4年連続で過去最大規模となる7366億円(前年度比278億円増)。福田市長は予算編成の根幹に「成長と成熟の調和による持続可能なまちの実現」を掲げ、少子高齢化など将来を見据えた課題対応への投資を強調した。

 一般会計の歳入では、市税収入が5年連続で過去最大の3479億円。県費負担教職員の市費移管に伴う税源移譲分(353億円)を除いても前年度比54億円増の3126億円を見込む。納税者数の増加などにより、個人市民税が21億円増(税源移譲分除く)となった。市債発行は4億円減の573億円だが、減債基金からの新規借入金は196億円となっている。

 歳出では、人件費や児童、高齢者福祉に充てられる扶助費、市債の返還などに充てられる公債費の義務的経費は4151億円。前年度比157億円増で、歳出予算全体の56・3%を占める。市の施策などに使う投資的経費は11億円減の978億円となっている。

待機児童対策12%増、617億円

 市税収入は増えるものの、社会保障や防災・減災対策などの需要増で厳しい財政状況が続くなかで、過去最大の予算を組んだことに対し、福田市長は「『成長』と『成熟』の両輪をバランスよく回すことが、持続可能なまちづくりのために大切」と強調する。

 成熟分野の具体策では、待機児童対策に前年度比66億円(12%)増の617億円や、学校施設の環境整備に2・7倍の195億円など。成長分野は国際化に対応したイノベーションの推進に5・7倍の34億円、臨海部活性化に1・6倍の164億円などを掲げた。また、成長と成熟を支える基盤づくりとして国土強靭化・地震防災戦略の推進に19%増の20億円など、防災機能の充実を盛り込んだ。

 その他、新年度の主な事業では「子ども・若者応援基金」を活用した児童養護施設入所児童等への学習・進学支援、小中学校等における医療的ケアを必要とする児童生徒への支援の拡充、中小企業への起業支援や「働き方改革」推進の支援、東京オリンピック・パラリンピックを契機としたまちづくりとして若者文化の発信、道路表記の英語標識の改善等などがある。シティプロモーションの推進として民泊事業の適正な運営確保による観光客の来訪・滞在の促進、クルーズ船の誘致などを掲げる。

 なお、特別会計は4939億円、企業会計は2151億円で、全予算規模は前年度比12億円増の1兆4456億21万円となる。

中原区版のトップニュース最新6件

処方変更に裁量 効率化へ

市薬剤師会

処方変更に裁量 効率化へ

5月25日号

市民の手で第7回公演へ

なかはらミュージカル

市民の手で第7回公演へ

5月25日号

申請増、新基準で18人

川崎市待機児童

申請増、新基準で18人

5月18日号

「かこさん創作原点知って」

北野書店

「かこさん創作原点知って」

5月18日号

「事務支援員」3校で試行

市立小学校

「事務支援員」3校で試行

5月11日号

「川崎の地酒」復活

(一社)カワサキノサキ

「川崎の地酒」復活

5月11日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク