中原区版 掲載号:2018年6月8日号 エリアトップへ

中原みこし連 親子向け勉強会初開催 未来の担ぎ手育成へ

文化

掲載号:2018年6月8日号

  • LINE
  • hatena
大人の力を借りて神輿を担ぐ子どもら
大人の力を借りて神輿を担ぐ子どもら

 神輿の担ぎ手を増やすため、地元の子どもたちに興味を持ってもらおうと、中原みこし連(立原和行会長)が先月27日、三社宮(下沼部)の境内で親子向けに勉強会を初めて開催した。

 当日は、長年神輿を担いできた同みこし連メンバーおよそ20人が指南役に。参加した向河原こども会の親子25人に対し、神輿が神様の乗り物であることや担いでまちを練り歩くことで無病息災を願い、穢れを払う意味を持つことなどについて説明した。子どもたちは、三社宮奉賛会の協力を得て、秋の祭礼で大人が担ぐ神輿を体験。木槌の「かけや」を用いて縄をきつく結ぶ、担ぎ棒の組み立てから学び、飾りをつけた神輿を肩で担いで境内を歩いた。

 参加した坂井文恵さん・千騎くん親子は「組み立てから見られるのはなかなかない機会。初めて知ったことがたくさんあった」と感想を語った。

 この催しは子ども会からの依頼を受けたのがきっかけ。みこし連は地域での担ぎ手を増やすためにも日ごろから神輿を身近に感じてもらおうと、初の開催となった。

 催しを取り仕切った下沼部睦会の魚住誠治会長は「子どもたちに教えるのは初めて。奉賛会が神輿の使用を許可してくれたことに感謝したい。神輿やお祭りなどを通じて、地域のつながりや世代間交流など発展につながるよう、これがモデルケースとなって他の地区でもできれば」と話す。

 中原みこし連は、地元神輿の担ぎ手不足を地域で助け合おうと、2008年に発足された。区内にある神輿の担ぎ手団体が任意で所属している。

中原区版のトップニュース最新6

事業期間、5年短縮へ

南武線立体交差

事業期間、5年短縮へ 経済

「開かずの踏切」解消に前進

9月24日号

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

「五輪の経験」児童に披露

バレー・女子レッドロケッツ

「五輪の経験」児童に披露 スポーツ

オンラインで交流

9月17日号

コアパーク、10月開放

コアパーク、10月開放 社会

賑わい創出へ、休憩所も

9月10日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook