中原区版 掲載号:2018年6月8日号 エリアトップへ

中原みこし連 親子向け勉強会初開催 未来の担ぎ手育成へ

文化

掲載号:2018年6月8日号

  • LINE
  • hatena
大人の力を借りて神輿を担ぐ子どもら
大人の力を借りて神輿を担ぐ子どもら

 神輿の担ぎ手を増やすため、地元の子どもたちに興味を持ってもらおうと、中原みこし連(立原和行会長)が先月27日、三社宮(下沼部)の境内で親子向けに勉強会を初めて開催した。

 当日は、長年神輿を担いできた同みこし連メンバーおよそ20人が指南役に。参加した向河原こども会の親子25人に対し、神輿が神様の乗り物であることや担いでまちを練り歩くことで無病息災を願い、穢れを払う意味を持つことなどについて説明した。子どもたちは、三社宮奉賛会の協力を得て、秋の祭礼で大人が担ぐ神輿を体験。木槌の「かけや」を用いて縄をきつく結ぶ、担ぎ棒の組み立てから学び、飾りをつけた神輿を肩で担いで境内を歩いた。

 参加した坂井文恵さん・千騎くん親子は「組み立てから見られるのはなかなかない機会。初めて知ったことがたくさんあった」と感想を語った。

 この催しは子ども会からの依頼を受けたのがきっかけ。みこし連は地域での担ぎ手を増やすためにも日ごろから神輿を身近に感じてもらおうと、初の開催となった。

 催しを取り仕切った下沼部睦会の魚住誠治会長は「子どもたちに教えるのは初めて。奉賛会が神輿の使用を許可してくれたことに感謝したい。神輿やお祭りなどを通じて、地域のつながりや世代間交流など発展につながるよう、これがモデルケースとなって他の地区でもできれば」と話す。

 中原みこし連は、地元神輿の担ぎ手不足を地域で助け合おうと、2008年に発足された。区内にある神輿の担ぎ手団体が任意で所属している。

中原区版のトップニュース最新6

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

台風被害受け 要望書

小杉タワマン

台風被害受け 要望書 社会

エリマネから、市長へ

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク