中原区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

日本競輪学校の女子第9回試験に合格した 中村 美那さん 川崎工科高校3年 18歳

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena

父の思い背に一直線

 ○…競輪選手の卵がしのぎを削る日本競輪学校の適性試験に合格し、夢への一歩を踏み出した。「合格発表の日はソワソワして。ネットで知った時は本当に嬉しかった。きつい練習を積んできて、努力は報われるんだなって」。小学生の頃から「実力勝負できる仕事に就きたい」という思いがあった。父親が交通事故で競輪選手への夢を断念したことも根底にあったのかもしれない。「競輪の道を決意したのは高3になってから。決めたからには突き進むだけ」と前を見据える。

 ○…中学・高校ともバドミントン部に所属。高1から始めた柔道ではわずか半年で初段を取得し、昨年6月の市民大会では一般の部で優勝した。練習への打ち込み方はいつも凄まじい。毎朝5時に多摩川でランニングと階段の昇降、放課後は筋トレ、下校後にはエアロバイクが日課。「練習は苦しい、きついは当たり前。それが嫌なら最初からやるな」――そう教えてくれた父からも心配され、「週一日くらいは休め」と諭されるほど。納得がいくまで取り組む負けん気の強さも、周囲の誰もが認めている。

 ○…オフの日には友達とスーパー銭湯で体を休めたり、買い物に出掛けたり。「この前は急にメロンパンが食べたくなって、浅草の有名店に独りで行っちゃいました」と、あどけない表情もちらり。残り少ない高校生活を存分に楽しんでいる。

 ○…4月から静岡県伊豆市にある競輪学校での生活が始まる。「まずは同期21人の中でトップになって、いずれは賞金女王になりたい」と目標を掲げつつも、「ダッシュ力も持久力もまだ足りない」と冷静に自己分析も。「仲間を尊重し、仲間から吸収し、一日一日を大切に」――。合格に導いてくれた元競輪選手の恩師の言葉を胸にいざ旅立つ。

中原区版の人物風土記最新6

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク