中原区版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

SL防災ボランティアネットかわさき(通称:SL川崎ネット)の代表を務める 佐藤 元男さん 新城中町在住 70歳

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena

「災害の前にできる事を」

 ○…災害時の被害を減らし、復興の担い手となるセーフティリーダー(通称SL)として「SL災害ボランティアネットワーク」に所属し活動を続ける。昨年8月には市内で活動する仲間と「SL川崎ネット」を立ち上げて半年、県立高校での防災授業や地域イベントでのブース出展等、より地域に密着した取り組みに力を注いできた。熊本地震や西日本豪雨の際には現地でボランティア活動も。「現地の人の助けになり喜ばれることが、自分にとっても嬉しい」。

 ○…トラック販売会社で定年まで勤めた後、アルツハイマーの母を介護するため嘱託を辞した。「母の気持ちに寄り添いたい」と傾聴ボランティアを始め、東北にも足を運んだ。仮設住宅に住む被災者の男性から、津波に巻き込まれ妻を亡くした話を聞いた。「妻は自分が殺したも同然。もっと早くに逃げる判断をしていれば――」そんな男性の言葉が突き刺さった。「防災の知識があれば助かっていたかもしれない命。被災した後だけでなく、被災する前にできることはないかと考えた」。防災の知識を多くの人に広めたいと災害ボランティアに足を踏み入れた。

 ○…子供二人は独立し、現在は妻と暮らす。2カ月に1回は家族全員で集まり妻の料理を囲んで宴会。「妻は料理上手。ボランティアに出掛けるときはお弁当を持たせてくれる。現地で支援物資を使わないことはボランティアの鉄則だから」。

 ○…会社員時代の営業で身についた交渉力は、今の活動でも生きている。「打ち合わせや手続きは煩わしいと思わない。気づいたら立ち上げ役になっていた」。今後はメンバーの得意分野を活かした勉強会の開催や、市内北部・南部にも活動エリアを広げるつもりだ。「旗を振ったからにはやるしかない」と笑顔で前を向く。

中原区版の人物風土記最新6

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク