中原区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

4月から中原区保護司会の会長を務める 中田 泰光さん 木月在住 65歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

社会復帰を穏やかに見守る

 ○…保護司は、罪を犯した保護観察中の人や非行少年に寄り添う非常勤の国家公務員。実質的にはボランティアで、区内におよそ40人いる。そのまとめ役として「会員の社会貢献に対する意識や経験、年齢の差を超え、会としてまとまりを作っていきたい」と意気込む。保護司になったのは42歳の時。20年以上の活動を通じて沢山の人と出会い、「保護司は篤志家」と言われる意味が分かった。「自分本位の人が多い社会で、無償の気持ちを持っている人たちがいることを実感した」と同志への信頼はあつい。

 ○…保護司が他のボランティアと違うのは「1人の対象者を担当すること」だと考える。「1対1で人と向き合うのは大変なこと。初めから自分のことを打ち明けてくれる人は少ないが、穏やかに接するうちに、少年の目や顔つきが穏やかになっていく」と、そのやりがいを感じている。

 ○…熊本県出身。父が転勤族で、小学5年で東京へ。結婚し30代前半で、区内で暮らし始めた。若い頃から「物事を自分で決めて、責任を取りたい」という思いが強く、会社員を辞めて34歳で独立。その後、妻の地元である中原区で不動産管理の仕事をしながら、地域貢献にも励んできた。「一度読み始めると止まらない」ほどの読書家で、SFや経済誌など年間約100冊に目を通す。「だからと言って覚えていることは少ないけどね」と謙虚な姿勢も忘れない。

 ○…中原区は近年、県下でも保護観察対象者が少ないという。人口が増えているのに低い水準を保っているのは「地域の諸団体の協力体制が整っているから」と、周囲へ尊敬と感謝の念を抱く。「本人が本気で更生したいと思ったときに、周りは協力するべき。1人でも多く社会復帰できれば、地域にプラスになる」

関東労災病院 市民公開講座

大腸がん・がん患者へのサポート・食事について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク