中原区版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

9月3日付で、中原警察署の第55代署長に就任した 田島 充さん 下小田中在住 57歳

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena

五感で接し、安全守る

 ○…署長としては2カ所目。前任地の瀬谷署と比べ、署員が100人以上も増えた。「規模が大きくなると、より気が引き締まる」と真剣な眼差しを見せる。赴任してすぐ、署員らに「オンとオフの切り替え」と「悩みは人に相談」を呼びかけた。長年の経験から導き出した、任務を完璧に遂行するための必須事項だ。「明るく元気に前向きに、安心安全な中原区を目指したい」

 ○…県警に勤め39年。川崎市は、11年前の川崎署、5年前の川崎競馬場への出向に続き3度目だ。これまで、機動隊や薬物対策などに携わってきた。覚せい剤400キロの押収や、機動隊として駆け付けた阪神・淡路大震災直後の被災地の惨状など、関わった現場は今も鮮明に覚えている。一般市民、被害者、犯罪者と様々な立場の人に接する日々。「人にはいろん人生があるんだと知った」と振り返る。

 ○…同じ高校のサッカー部で信頼するキャプテンに誘われ、ともに警察官に。今回の秋の人事で、二人とも署長として新聞に載った。「40人以上いる中で真横に写真が並んだ。運命の絆を感じたよ」と笑う。几帳面な性格で、印象的な新聞記事や話はジャンル問わず手帳に書き留める。気付けば10年以上続く習慣に。「手帳の中身がそのまま引き出しとして頭の中にある。おかげで、出会う人々と様々な話題ができるんだ」と微笑む。

 ○…出勤前と退勤後の1時間、管内を歩いて回り「五感」で街を知る。「現場も100回通って初めて気づけることがある。街を把握するにも必要なこと」。署長としての願いは、不幸な目に遭う人を一人も出さないこと。「皆さんが枕を高くして眠れる夜が続くように。それが我々の使命」。区民26万人の安全を背負う覚悟を見せた。

中原区版の人物風土記最新6

根本 和也さん

プロ野球BCリーグで優勝した神奈川フューチャードリームスの捕手として活躍した

根本 和也さん

上小田中在住 27歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

水品 皓暉(みずしな こうき)さん

川崎ブレイブサンダースU15でキャプテンを務める

水品 皓暉(みずしな こうき)さん

中丸子在住 15歳

11月13日号

野村 栄さん(活動名:ノムさん)

バルーンアート集団「風船ドクター」の代表を務める

野村 栄さん(活動名:ノムさん)

上新城在住 52歳

11月6日号

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮前区在住 69歳

10月30日号

小野寺 盛男さん

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する

小野寺 盛男さん

木月4丁目在住 81歳

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク