中原区版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

発足5周年を迎えたグリーンバード武蔵小杉チームのリーダーを務める 那須野 純花(あやか)さん 幸区在住 23歳

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

「地元愛」胸に、自己探求

 ○…国内外約80カ所でごみ拾いを行うNPO法人の武蔵小杉チームを率いる。ポリシーは「ごみを本気で拾うより、一期一会を大切にすること」。参加者同士が地元の話題でつながる姿や、周りからの応援が喜びだ。「ごみ拾いを通して地域を愛する仲間を増やした5年間。桃太郎の感覚です」と笑う。継続や束ねることの難しさを感じた時期を経て築いたスタイルは「ゆるさ」。「一時的に頑張るんじゃなく、負担なく長く続くチームでいたい」

 ○…小学4年から中学卒業までイジメに遭い、川崎から逃げるように都内の高校に進学。家と学校の往復に物足りなさを感じてからはボランティアに精を出した。そこで出会ったのがグリーンバード。「地元を好きになってみたい」と高校3年でチームを立ち上げると、老若男女が参加してくれた。「人の温かさに触れて、初めて地元に居心地の良さを感じられた」。自分の居場所を見つけた瞬間だった。

 ○…昨年、耳つぼセラピストの資格を取得。「施術を通して地域の人と交流したい。ママさんの癒しになったり」と夢を膨らます。新卒で企業に勤めながら休日に街活動を行う。日頃浮かんだアイデアや考えごとは、趣味のランニング中に整理。時間を見つけては多摩川沿いを走っている。

 ○…地元農家と小杉の住民をつなげる野菜販売や、川崎高校の外部講師として街活動の通年授業なども行ってきた。原点は「地域や人のため」という思い。東日本台風やコロナの経験がその思いをより強くし、消防団員としても活動を始めた。「困り事に寄り添える人でありたいし、同世代の刺激でもありたい。そのためにもっと深く地域に関わっていく」。ごみ拾いを通して芽生えた地元愛に突き動かされる。

中原区版の人物風土記最新6

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

水品 皓暉(みずしな こうき)さん

川崎ブレイブサンダースU15でキャプテンを務める

水品 皓暉(みずしな こうき)さん

中丸子在住 15歳

11月13日号

野村 栄さん(活動名:ノムさん)

バルーンアート集団「風船ドクター」の代表を務める

野村 栄さん(活動名:ノムさん)

上新城在住 52歳

11月6日号

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮前区在住 69歳

10月30日号

小野寺 盛男さん

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する

小野寺 盛男さん

木月4丁目在住 81歳

10月23日号

竹井 斎(ひとし)さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える

竹井 斎(ひとし)さん

井田杉山町在住 64歳

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク