中原区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える 竹井 斎(ひとし)さん 井田杉山町在住 64歳

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

原点の「自然」 次代のために

 ○…地球温暖化防止のため二酸化炭素の削減などを市民や事業者へ呼びかけてきた。目標は、市が掲げる2050年の二酸化炭素排出ゼロの実現。市内の学校で行う出前授業では、10年間で約8千人の学生に環境問題を啓発。「温暖化の改善が必要か否か、自分事として考えてほしい」。高津市民館を拠点に気候変動などについて学べる展示や講座で日々、市民に地球環境の現状を訴える。

 ○…北海道で生まれ育ち、就職のため中原区へ。都会で暮らし始めて感じたのは「自然の大切さ」。見渡す限り緑が広がる農村地帯で育ったため「これまで自然は当たり前にあるものだった」。地元の豊かな自然を慈しむ思いが現在の活動の原点だ。私生活でも国内外問わず世界の自然豊かな場所に数多く足を運び、全身で自然を楽しみ日々の活力を得る。

 ○…井田地区の町内会の会長や寺子屋井田の実行委員長などを務める。今年4月、自宅1階をリフォームし地元の子どもが自由に読書や勉強をする空間に。「忙しかった会社員時代、近所の人によく子どもをみてもらっていた。その恩返しになれば」と笑顔。子どもたちに、1人でも生きていける力を養ってほしいと願っている。

 ○…富士通(株)川崎工場では約30年間、システムエンジニアとしてビデオ通話システムの構築に従事。「入社した頃の会社ビルは汚くて、今よりうんと低かった」と懐かしむ。定年後、約40年前に訪れたカナダの自然遺産「カナディアンロッキー」に再訪。氷河の融解から温暖化の進行を目の当たりにし「ショックというより、やっぱりなと思った」。環境問題はみんなで取り組めば解決できると周知するため、使命感を抱き次代の担い手に思いを懸ける。

中原区版の人物風土記最新6

三堀 さき子さん

中原区子ども会連合会の最年長役員で、相談役を務める

三堀 さき子さん

小杉陣屋町在住 92歳

10月22日号

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook