中原区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える 竹井 斎(ひとし)さん 井田杉山町在住 64歳

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

原点の「自然」 次代のために

 ○…地球温暖化防止のため二酸化炭素の削減などを市民や事業者へ呼びかけてきた。目標は、市が掲げる2050年の二酸化炭素排出ゼロの実現。市内の学校で行う出前授業では、10年間で約8千人の学生に環境問題を啓発。「温暖化の改善が必要か否か、自分事として考えてほしい」。高津市民館を拠点に気候変動などについて学べる展示や講座で日々、市民に地球環境の現状を訴える。

 ○…北海道で生まれ育ち、就職のため中原区へ。都会で暮らし始めて感じたのは「自然の大切さ」。見渡す限り緑が広がる農村地帯で育ったため「これまで自然は当たり前にあるものだった」。地元の豊かな自然を慈しむ思いが現在の活動の原点だ。私生活でも国内外問わず世界の自然豊かな場所に数多く足を運び、全身で自然を楽しみ日々の活力を得る。

 ○…井田地区の町内会の会長や寺子屋井田の実行委員長などを務める。今年4月、自宅1階をリフォームし地元の子どもが自由に読書や勉強をする空間に。「忙しかった会社員時代、近所の人によく子どもをみてもらっていた。その恩返しになれば」と笑顔。子どもたちに、1人でも生きていける力を養ってほしいと願っている。

 ○…富士通(株)川崎工場では約30年間、システムエンジニアとしてビデオ通話システムの構築に従事。「入社した頃の会社ビルは汚くて、今よりうんと低かった」と懐かしむ。定年後、約40年前に訪れたカナダの自然遺産「カナディアンロッキー」に再訪。氷河の融解から温暖化の進行を目の当たりにし「ショックというより、やっぱりなと思った」。環境問題はみんなで取り組めば解決できると周知するため、使命感を抱き次代の担い手に思いを懸ける。

中原区版の人物風土記最新6

小野寺 盛男さん

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する

小野寺 盛男さん

木月4丁目在住 81歳

10月23日号

竹井 斎(ひとし)さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える

竹井 斎(ひとし)さん

井田杉山町在住 64歳

10月16日号

笹田 恵子さん

今月オンライン開催されるコスギフェスタでMCを10年間務める

笹田 恵子さん

中丸子在住 52歳

10月9日号

那須野 純花(あやか)さん

発足5周年を迎えたグリーンバード武蔵小杉チームのリーダーを務める

那須野 純花(あやか)さん

幸区在住 23歳

10月2日号

小野 聰(さとし)さん

「川崎ウオーキング協会」で多摩川沿いを1900Km歩いた記録を持つ

小野 聰(さとし)さん

下小田中在住 76歳

9月25日号

川島 哲男さん

川崎野球協会の6代目会長を務める

川島 哲男さん

川崎区在住 83歳

9月18日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク