中原区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

川崎市 30年後、「脱炭素」実現へ 排出量ゼロへ戦略策定

経済

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
福田市長(右から3番目)と賛同事業者ら
福田市長(右から3番目)と賛同事業者ら

 川崎市は12日、2050年の二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロを目指す脱炭素戦略「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」を策定した。政令市の中で排出量が最多の現状を打破し、深刻化する気候変動に対応するため、304の事業者や団体の賛同を得て取り組みを加速させる。

♢ ♢ ♢

 2018年に改定した川崎市地球温暖化対策推進基本計画で掲げる「CO2排出量80%削減」より、さらに高い目標。中間目標として、30年の排出量の目標値を今より350万トン少ない1850万トンに設定した。

溝口をモデル地区に

 市だけでなく市民や事業者と連携し、環境に配慮した選択を促すことで実現を目指す。太陽光やバイオマス発電などの再生可能エネルギーの推進、主要公共施設の再エネ100%、CO2を吸収、削減技術の拡大などを掲げる。集中的に取り組む場所として、賛同事業者が多い高津区溝口周辺を「脱炭素モデル地区」に選定。丸井はノクティビルの再エネ100%を、エネオスは水素ステーションを新設する。市民はシェアサイクルやマイボトルの利用など身近な行動の変化で脱炭素を促進する。

 その他の戦略として、市民ができる取り組みとして、再エネ電気への切り替えや節水節電など9項目を紹介。脱炭素推進企業の市内外の取り組みに対する評価制度も新たに導入する。福田紀彦市長は「30年前、ごみの非常事態を乗り越えた川崎市なので今回も達成できるはず。必ず実現させる」と決意を見せた。

 戦略を受け、市地球温暖化防止活動推進センターの竹井斎センター長(井田杉山町在住)は「行政や団体と話し合う場を作り、市民の取り組みも深く考える必要がある」と話す。加えて、市内さまざまな地域で独自の取り組みがあることについて、「現状は共有されていない。市全体として発信する仕組みづくりも重要」と提言する。
 

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

待機児童 2年連続ゼロ

川崎市

待機児童 2年連続ゼロ 社会

保留は1,552人に減少

5月20日号

児童合唱団「魅力を次代へ」

児童合唱団「魅力を次代へ」 教育

市連盟が支援、区内拠点に

5月20日号

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook