中原区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

西丸子小の学校歯科医を務め、コロナ下で児童の虫歯増加に警鐘を鳴らす 佐藤 哲郎さん 小杉町在住 62歳

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

子どもの成長「歯」から支え

 ○…西丸子小の学校歯科医を務めて20年。通常年1回の検診を2回に増やし、各クラスを巡回して歯磨き指導に取り組む。同校に必要性を訴えて導入した給食後の歯磨きで児童らに習慣化させ、「川崎市歯科保健優良学校表彰」など数々受賞した。「自分はきっかけを作っているだけ。私の話を聞いた児童が歯を大切にしたいと思ってくれて、先生方やご家族が一緒に取り組んでくれている結果」と微笑む。

 ○…口腔内の状態から虐待や育児放棄されている子どもの発見に尽力する「日本子ども虐待防止歯科研究会」の理事も務め、検診を通して「見えづらい家庭環境」を推測。学校に指導のアドバイスをする役割も担う。「うちには子どもがいないから、診てきた児童はみんな我が子のよう。一人でも多くの子どもを救う手助けがしたい」と思いを込める。

 ○…東京都出身。歯科医の父が新丸子駅そばに開業し、3歳で中原区へ。幼い頃は「周辺で一番高い場所」だった病院ビルの4階から富士山を眺めるのが好きだったが、「もっと高い建物が増えていつの間にか見えなくなった」と残念がる。外出自粛で10キロ以上増加し、病院の上階に自分専用のジムを設置予定。「在宅時間が長くなって妻の料理を食べすぎた。運動して早く元の体型に戻したいね」と意気込む。

 ○…新型コロナの影響で給食後の歯磨きが中止に。児童らの虫歯が増加している現状に校医として警鐘を鳴らし、「歯磨き習慣を定着させるためにも早く再開したい」と待ち望む。今後は栄養士と連携し、給食の「食べ方」から歯の健康指導ができないか研究を重ね、「学校や家庭と連携し、歯を通して子どもの健康を支えたい」と地域の子どもを思い、見守る。

働くなら地元!正社員募集中

今年創業100年の㈱横滝では販売営業、配送スタッフを募集しています

http://www.yokotaki.co.jp/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和合 大樹さん

【Web限定記事】ウェブサイト『なかはらPR』を先月立ち上げた

和合 大樹さん

下小田中在住 21歳

2月19日号

佐藤 哲郎さん

西丸子小の学校歯科医を務め、コロナ下で児童の虫歯増加に警鐘を鳴らす

佐藤 哲郎さん

小杉町在住 62歳

2月12日号

川崎 晶子さん

台風19号多摩川水害を考える川崎の会のメンバーで、原告団の団長を務める

川崎 晶子さん

上丸子山王町在住 47歳

2月5日号

野村 正人さん

武蔵小杉駅前に昨年移転した川崎市総合自治会館の館長を務める

野村 正人さん

多摩区在住 62歳

1月29日号

内藤 松雄さん

下小田中の文化財を後世に残すため記録している

内藤 松雄さん

下小田中在住 63歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク