中原区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

中原区内 「内水」で2割浸水予測 市、最大規模想定 マップ公表

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
中原区の内水ハザードマップ
中原区の内水ハザードマップ

 川崎市は2月12日、最大規模の降雨時に浸水する区域と深さを示す「内水ハザードマップ」を公表した。中原区では面積の約2割の浸水が予測され、これまでに浸水したことがない区域も表示。危険な区域のほか、避難方法や日頃の備えなどの情報も集約した。

 今回のマップは、想定しうる最大規模の降雨量、1時間に153ミリで作成し、浸水の深さを色別で表示。道路冠水の10センチ以上20センチ未満から、1階の軒下以上となる2メートル以上までを5段階で表した。

 区内で10センチ以上の浸水域の割合は区全体の面積に対し、18・9%。特に宮内排水樋管、等々力緑地、上丸子山王町2丁目付近で床上浸水相当の1〜2メートルの浸水を予測している。このほか、高津区との区境に流れる江川付近でも、50センチから1メートルの浸水が予想されている。

 マップには、浸水時の避難情報や日頃の備えについても記載。ゴミや落ち葉が詰まらないよう、雨水が集まる側溝や雨水ますに物を置かないことや、清掃の協力を呼びかけている。各区役所などで配布されるほか、電子版を上下水道局ウェブサイトで確認でき、今年6月には縮小版の全戸配布を予定している。

 内水とは内水氾濫とも呼ばれ、下水道の排水能力を超える雨が降った場合などにマンホールや下水路などから雨水があふれ、浸水する現象のこと。一昨年、区内に被害をもたらした令和元年東日本台風(台風19号)も内水が発生していた。

 今回作成された「内水ハザードマップ」は、2018年に改定された「洪水ハザードマップ」とは浸水の深さや範囲が大きく異なる。

 市担当者は「153ミリの雨はなかなか降るものではないが、多摩川の水位が上昇すれば内水氾濫の危険は高まる。事前に備えるために洪水ハザードマップと合わせて、自分の家がどのような場所にあるのか把握し、避難方法を確認してほしい」と話した。
 

中原区版のトップニュース最新6

対等な学び重ね 100回

こすぎの大学

対等な学び重ね 100回 社会

地域の仲間づくりを促進

4月16日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter