中原区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

「かわさきハワイアンフェスティバル2021」の実行委員長を務めた 遠藤 久乃さん 下小田中在住 61歳

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

ハワイの心を伝えていく

 ○...川崎で大規模なハワイアンイベントを先週末に開催した。「これまで市内のフラダンス等の団体が催しに参加するには東京や横浜まで出向くしかなくて」。地元での開催を望む声に応えようと、仲間たちと一緒に昨年プロジェクトを発足。実行委員長として先頭に立った。

 ○...アメリカンパッチワークの講師として活動していた10年前、着想の一つとしてハワイアンキルトに出合う。図柄や色使いの大胆さに魅了され、気が付けばハワイのとりこに。「ハワイアンキルトは"癒しのアート"と呼ばれている。作る側、見る側の両者の心に安らぎを与えてくれる」。趣味でウクレレやフラダンスも習い始めた。「最高の気分転換。どんなに疲れていても元気になれる」

 ○...川崎に生まれ、自衛官だった父に厳しく育てられた。西中原中では演劇部と放送委員会を掛け持ち。活舌の良さには今でも自信がある。7年前には脳梗塞を発症したが「人生いろいろある。自分にはこれがきたか」と冷静に受け止めた。手術中の映像が見たいと哀願して医者からも驚かれたほど。

 ○...コロナ禍でイベントの開催が延期になってもマイナスとは捉えなかった。「感染対策などコロナについて勉強する機会になったし、おかげで実行委員全員の結束が強くなったから」と前向き。開催を終えたばかりだが、このイベントを将来へつなげていくことを考えている。企画の立ち上げから会場の確保、出演者との交渉に至るまで必要な情報はすべてファイルにまとめて残した。ただ、「大好きなハワイの力で地元に恩返ししたい」という一心から。その心が地域で続いていくことを願い、川崎の未来を担う若者たちへ背中を見せ続ける。

中原区版の人物風土記最新6

高津川 真紀さん(本名:戸張 真紀)

戸張一座の代表として25年にわたって慰問活動をしている

高津川 真紀さん(本名:戸張 真紀)

高津区在住 54歳

1月21日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月14日号

石井 智亮(ともあき)さん

三菱重工相模原ダイナボアーズの中心選手で、7日開幕の新リーグで戦う

石井 智亮(ともあき)さん

麻生区出身 26歳

1月7日号

青柳 晃洋さん

地元の応援を背に、プロ野球・阪神タイガースで初の開幕投手を目指す

青柳 晃洋さん

川崎工科高校(上平間)出身 28歳

1月1日号

絵描き屋みかんさん(本名:藤山 貴子)

廃材に新たな命を与える作品づくりをしている おちを考えアイデア練る

絵描き屋みかんさん(本名:藤山 貴子)

西加瀬在住 49歳

12月24日号

中村 昌子さん

江川せせらぎ遊歩道沿いの掲示板に手づくりの絵手紙を展示している

中村 昌子さん

高津区在住 86歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook