中原区版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

西中原中2年奥住さん 「九州の味」再現し市長賞 市内52校の給食に

教育

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
市長から表彰状を受け取り笑顔の奥住さん
市長から表彰状を受け取り笑顔の奥住さん

 川崎市の「中学校給食献立コンクール」で、西中原中学校2年の奥住芽生さんが考案したレシピが応募947点中トップの「市長賞」に選ばれた。1月20日には福田紀彦市長が同校を訪れ実食。市内全52校でも今月、給食として提供された。

 奥住さんの献立テーマは、「体も心もぽかぽか私の思い出の給食in九州」。低学年まで住んでいたという九州の食卓を思い出し、がめ煮やとり天、しょうゆごはんなどの郷土料理を再現した。出来上がりまで初めて一人で手掛けたといい、母親からも太鼓判を押された自慢のメニュー。

 20日、提供された給食を口にした福田市長は「とり天の肉がそぎ切りに工夫され、すごく柔らかくておいしかった。九州に行った経験がない生徒でも、郷土料理を味わえる良い機会になったと思う」と評した。市長から表彰状を手渡された奥住さんは、「受賞を知ったときは驚いたけどうれしかった。地元産の食材を生かし、栄養のバランスを考えた」と笑顔で話した。奥住さんの献立は、市内52校でも1月に給食として提供された。

 奥住さんから中学校の頃に好きだった給食を問われた市長は、「残念ながら当時はなかった。生徒の中で給食が定着してきたということであればありがたい」と応えた。

優秀賞に同校4人

 このコンクールは給食への関心を高めてもらおうと中学校給食が導入された2017年以降に実施。4回目となる今年は947点の応募があり市長賞に次ぐ優秀賞には6人・1団体が選ばれた。優秀賞のうち4人が西中原中で金子美優さん(体の芯までぽっかぽかの野菜たっぷり昼ごはん)、加藤日向子さん(かわさきそだちの彩り給食‼)、宮本裕太郎さん(ご飯が進むスタミナ料理)、伊藤雄紀さん(冬に勝つ‼)が受賞した(いずれも2年生、カッコ内は献立テーマ)。

レシピを基にした給食
レシピを基にした給食

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

待機児童 2年連続ゼロ

川崎市

待機児童 2年連続ゼロ 社会

保留は1,552人に減少

5月20日号

児童合唱団「魅力を次代へ」

児童合唱団「魅力を次代へ」 教育

市連盟が支援、区内拠点に

5月20日号

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook