中原区版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

華道展 18年ぶり市内で 県内23団体267点並ぶ

文化

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
華道展のポスターを持つ伊藤紅華会長
華道展のポスターを持つ伊藤紅華会長

 神奈川県で最大規模となる華道の作品展「第72回神奈川県華道展」が5月18日(水)から23日(月)まで、川崎市コンベンションホール(小杉町)で開かれる。市内で実施されるのは18年ぶり。県内から選りすぐりの作品が会場に並ぶ。

 同展は、県華道連盟と川崎市茶華道協会(伊藤紅華会長)が主催。新型コロナウイルスの影響で一昨年は中止、昨年は延期となり、開催は3年ぶりとなる。

 期間中は県内23の華道団体から、それぞれ推薦を受けた華道家による267点の作品が集う。6日間の期間で、2日ごとに89作品を入れ替えて会場に展示。季節をとらえた古典的なものから現代的なものまで個性溢れる作品が並ぶ。

 伊藤会長は「選ばれた華道家たちが、鍛錬している技術で美しい作品を披露する。驚くような作品もあるので楽しんでほしい」と呼びかけている。

交流絶やさず

 伊藤会長によると、新型コロナの影響で、業界内でも公共施設などが利用できなくなり教室が開けないといった影響が出ているという。会員同士は、そんな逆境の中でも、写真や動画をインターネットで送り合い、作品の意見交換をはじめ交流を続けてきた。

 今年1月には、市茶華道協会が主催し作品展を実施。流派問わず91人が参加し、梅や桜、ロウバイなどを用いた生け花を披露した。会場には約900人が訪れるなど盛況を博した。

 伊藤会長は「コロナの影響が長引いているが花々の美しい作品を見て、また文化に触れることで人々を元気に、街を活性化できたらうれしい」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

夜間に初の排水訓練

上丸子山王町

夜間に初の排水訓練 社会

市、特殊マンホールで

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

「NO WAR」生徒ら訴え

川崎市平和館

「NO WAR」生徒ら訴え 社会

あす18日から企画展

6月17日号

新改札口、NEC隣に

横須賀線武蔵小杉駅

新改札口、NEC隣に 社会

JR北口からのルート短縮

6月17日号

担い手確保へ動画制作

中原消防団住吉分団

担い手確保へ動画制作 社会

「親しみやすさ」アピール

6月10日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook