鎌倉版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

深沢再開発用地から鉛 市の自主調査で判明

社会

 市は2月6日、所有する深沢地域国鉄跡地周辺総合整備事業用地の一部から、溶出量で指定基準値の最大2・6倍、含有量で3・2倍の特定有害物質の「鉛及びその化合物」が検出されたと発表した。昨年12月から今年1月までに行った自主調査で分かった。

 調査した区域は湘南モノレール「湘南深沢駅」周辺。土壌汚染が多いとされたのはテニスコートとゲートボール場の間の区画など。

 これを受けて市は5日、深沢駅前広場とゲートボール場を閉鎖した。これらの調査結果は人体に直ちに影響を与えるものではなく、措置については、万全を期すためのものとしている。

 市は今後調査を進め、汚染土量を確定させた上で、土を入れ替えるなどの措置をとっていくという。

 該当地は戦前軍用地で、その後1987年の民営化まで国鉄が所有していた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク