鎌倉版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

「十二所に高齢者が集まる場を」 進藤さん夫妻宅がサロンに

社会

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
クラフト制作を指導するクラ子さん(左)
クラフト制作を指導するクラ子さん(左)

 十二所在住の進藤延二さん(70)とクラ子さん(67)夫妻は昨年11月から、自宅1階を「のぶちゃん家」と名付けたサロンとして、近隣住民へ開放している。12月9日には、地元の老人クラブ「十二所ちとせ会」の11人が訪問した。

 この日集まった同会の会員が行ったのは、牛乳パックを材料とした「いす」の制作。実は同会では、十二所公民館を会場に健康体操を実施しており、その際に工作が得意なクラ子さんが作った「牛乳パックいす」を使用していた。しかし一部が破損したため、改めていすを作ることになったという。

 いすを完成させた後は、テーブルを囲んでお茶の時間。同会会員と進藤さん夫妻は、クラ子さんの作品の観賞や地域の出来事についての情報交換などを、和気あいあいとした雰囲気のなか行っていた。

「地域の憩いの場に」

 進藤さん夫妻が「のぶちゃん家」を開設したのは、城廻で高齢者自らが運営するサロン「憩い宿」の関係者と知り合ったことがきっかけだった。

 もともと「鎌倉手作り甲冑・とんぼの会」の会長を務める延二さん。「憩い宿」の関係者からの依頼で甲冑を展示することになり、同サロンを訪問したところ「地域の高齢者らが自主的に集まって楽しそうにお喋りしている姿が印象に残った。十二所にもこういう場所を作れたら」と考えたという。

 延二さんは「高齢者など近隣の人にとって、地域の憩いの場となれば」と話している。

 「のぶちゃん家」は午前9時から午後4時まで。食事の提供はなし。問い合わせは【電話】0467・22・1982進藤さんへ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

21年版カレンダー発売

鎌倉市観光協会

21年版カレンダー発売 文化

見やすいデザイン初採用

10月30日号

鎌倉の「今と未来」テーマに

鎌倉の「今と未来」テーマに 社会

今週末、市民活動フェス

10月30日号

市内在住者累計133人に

市内在住者累計133人に 社会

新型コロナウイルス感染

10月30日号

迅速に救命活動70代男性救う

迅速に救命活動70代男性救う 社会

JA職員に感謝状

10月30日号

対象品最大20万円割引に

「かもめクーポン」発行開始

対象品最大20万円割引に 経済

10月30日号

俳句・川柳を募集

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク