鎌倉版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

市政報告vol.3 「コロナ後」の鎌倉をより魅力ある街にするために 立憲民主党・鎌倉市政担当 岡田かずのり

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena

 政府の緊急事態宣言は解除されましたが、6月2日には東京都で新型コロナウイルスへの新規感染者が34人確認されて「東京アラート」が発動されるなど、第2波への懸念は依然として消えていません。「3密」を避けるなど、「新しい生活様式」の実行が引き続き求められています。

鎌倉の再発見へ新たなアイデアを

 コロナ禍により鎌倉でも多くの事業者が打撃を受けています。特に商店街を形成する皆さんには、引き続き適切な支援が必要です。

 鎌倉市はこのほど、昨年1年間の延入込観光客数が約1902万人で、前年より約85万人(4・3%)少なくなったと発表しました。昨年は冷夏などの要因がありますが、ここ10年では2013年の約2300万人をピークに来訪者は徐々に減っています。

 外国人観光客はもとより、県下の海水浴場が開設を中止し、あじさいの名所も入場を制限している今年は、さらなる減少が避けられません。そうした今だからこそ「コロナ後」を見据えた観光振興が必要です。

 例えば、日本で最古の築港遺跡と言われる材木座の「和賀江島」を再現して海に帆船を浮かべるなどのイベント等を開催したり、寺院と連携して「宿坊」を展開することで体験型の観光資源を発掘するなど、ローカルの再発見につながり地元市民も楽しめる新しいアイデアが必要と考えます。

岡田かずのり

鎌倉市植木在住

TEL:080-1265-1888

https://www.facebook.com/Okada5050?epa=SEARCH_BOX

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6

ブレずに進める野党共闘

立憲民主党第4区総支部

ブレずに進める野党共闘

立憲民主党・前衆議院議員 早稲田ゆき

10月15日号

オーガニック給食を鎌倉の子どもたちに

THINK KAMAKURA 意見広告

オーガニック給食を鎌倉の子どもたちに

由比ガ浜西自治会長・鈴木屋酒店女将THINK YUIGAHAMA事務局長 兵藤さら

10月8日号

コロナ禍の今だからこそ財政出動を!

意見広告

コロナ禍の今だからこそ財政出動を!

「決断と責任」中沢かつゆき

10月8日号

愛と自由のまち鎌倉を子どもたちに!

THINK KAMAKURA 意見広告

愛と自由のまち鎌倉を子どもたちに!

由比ガ浜西自治会長 兵藤さら

10月1日号

コロナから命を守る提案が次々実現中!

立憲民主党第4区総支部

コロナから命を守る提案が次々実現中!

立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

9月24日号

新型コロナから市民、県民を守る

県政報告【10】

新型コロナから市民、県民を守る

神奈川県議会議員 永田まりな

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook