鎌倉版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

市政報告vol.4 苦境にあえぐ飲食店支援へテイクアウト・テラス営業の活用を 立憲民主党・鎌倉市政担当 岡田かずのり

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市に居住する人で新型コロナウイルスへの感染が判明した人は、8月31日時点で累計83人となりました。

 特に8月1カ月間だけで33人の感染が判明。全国的に多い20代ではなく、50代(男性4人・女性3人)が最も多く、また半数以上で感染経路が不明です。第2波のピークは越えつつあるようですが、今後も第3波への備えが不可欠です。

 一方で経済を回すことも必要です。観光が産業の大きな柱である鎌倉市では、感染が拡大して以降、観光業や飲食業の皆さんが大きな影響を受けており、市としてもさらに支援を行うべきです。

 例えば国土交通省は、飲食業の人がテイクアウトやテラス営業が行いやすいように、道路の占有許可基準を一部緩和しています。

 これは新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店等の支援を目的とした緊急措置で、11月末までの期間限定です。

 暫定的な営業であることや「3密」の回避、「新しい生活様式」への対応、仮設施設の設置、施設付近の清掃等への協力などを条件に、店舗に面した沿道を利用することができます。

 申請には地方公共団体と関係団体(商店街など)が一体となって申請することが必要で、うまく活用すれば、新たな賑わいの創出にもつながるはずです。現在、市内からの申請は1件に止まっているとのことですが、市は制度の利用呼びかけや申請への協力を積極的に行うなどして、飲食業の支援につなげてほしいと思います。

岡田かずのり

鎌倉市植木在住

TEL:0467-45-8635

https://www.facebook.com/Okada5050?epa=SEARCH_BOX

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6

緑の保全と災害に強いまちづくりを

市政報告

緑の保全と災害に強いまちづくりを

自由民主党鎌倉市議会議員伊藤倫邦(みちくに)

10月16日号

インフル・コロナ同時流行に備えを

県政報告【7】

インフル・コロナ同時流行に備えを

神奈川県議会議員 永田まりな

10月16日号

大河「鎌倉殿の13人」契機に観光振興を 一般質問行う

県政報告vol.5

大河「鎌倉殿の13人」契機に観光振興を 一般質問行う

立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員飯野まさたけ

10月2日号

苦境にあえぐ飲食店支援へテイクアウト・テラス営業の活用を

市政報告vol.4

苦境にあえぐ飲食店支援へテイクアウト・テラス営業の活用を

立憲民主党・鎌倉市政担当 岡田かずのり

9月4日号

予算委員会で海岸の安全対策を質疑

県政報告【6】

予算委員会で海岸の安全対策を質疑

神奈川県議会議員 永田まりな

7月17日号

夏の海岸の安全対策に尽力しました

県政報告vol.4

夏の海岸の安全対策に尽力しました

立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員飯野まさたけ

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク