鎌倉版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

小町大路に立体標示設置へ 安心して歩ける道に改善

社会

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
立体的に見える「歩行者尊重」の路面標示の設置イメージ(市提供)
立体的に見える「歩行者尊重」の路面標示の設置イメージ(市提供)

 鎌倉市は、今年度中をめどに「小町大路」に立体的に見える路面標示等を設置する。歩行者が安心して歩ける道路整備の一環として、通行する自動車などへの注意喚起や速度抑制を促す狙い。

 市では、歩道がなく自動車等と歩行者が混在して通行し、危険性のある生活道路を「歩行者尊重道路」と位置づけ、地域住民らと協働で環境の改善を進めている。

 2018年2月には交通事故の件数や自動車の走行速度、交通量などの調査を実施。「自動車が歩行者が歩く路側帯へはみ出して通行している」「6割以上の自動車が法定速度の時速30Kmを超えて通過している」などの状況から、歩行者への危険性がもっとも高いと判断されたのが、宝戒寺前から大町四ツ角へと至る「小町大路」だった。

地域と検討重ねる

 18年度には近隣自治会町内会や商店会の会長、専門家らを交えたワークショップを3回実施。実際に道路を歩きながら課題を確認し、有効な対策等について意見を出し合った。

 その結果、目の錯覚を利用してドライバーに注意を促す立体的な路面標示やポール状の柔らかな車止めの設置、危険な交差点の路面の着色を今年度中に行うことを決定。路面標示は「歩行者尊重」と「思いやり」という文字が立体的に見え、目を引くものになる予定。

 市では「車で通行する皆さんには、歩行者へのより一層のご配慮をお願いしたい」と呼びかける。整備後は設置効果についてやその他の安全対策、今後の方向性について意見を募る予定になっている。
 

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

前年比8人減の82人に

待機児童

前年比8人減の82人に 社会

定員拡大で新たな需要も

2月19日号

小町大路に立体標示設置へ

小町大路に立体標示設置へ 社会

安心して歩ける道に改善

2月12日号

「村岡新駅」2032年頃開業へ

「村岡新駅」2032年頃開業へ 社会

藤沢─大船間 4者が合意

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク