鎌倉版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

市政報告vol.6 鎌倉市財政は硬直化状態経常収支比率は全国769位 立憲民主党・鎌倉市政担当 岡田かずのり

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市の財政状況を知るために『全国都市財政年報』を調べたところ、最新の2019年度の経常収支比率は101・2%となり、792都市中769位という状況でした。

 さらに鎌倉市の経常収支比率と財政調整基金の16年間の推移をまとめてみました(下表)。鎌倉市は過去に12年8月から2年間の給与等の暫定削減を行い効果額は2年間で18億1000万円。14年10月から議会が職員給与の削減(年間3億2000万円)を行い、現在も続いています。

 節約ばかりで疲弊しているのが現状です。すでに財政調整基金も44億円と少なくなっており、増収策を考えないと大変なことになります。

 そこで私は将来的な経常収支比率99%以下を目指して、21年度中に【1】市役所内に財政健全化を目指すためのチームを結成【2】職員を先進都市に派遣するなどしてアイデアを出し合い、収入確保のための具体的なプランを複数作成【3】行政の具体的案として確定【4】議会に提示、という段階を踏んだ上で22年度から事業展開し、短期に目標を達成していくことを提案したいと思います。鎌倉市の財政状況を健全化させるには待った無しです。

岡田かずのり

鎌倉市植木在住

TEL:080-1265-1888

https://www.facebook.com/Okada5050?epa=SEARCH_BOX

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6

ブレずに進める野党共闘

立憲民主党第4区総支部

ブレずに進める野党共闘

立憲民主党・前衆議院議員 早稲田ゆき

10月15日号

オーガニック給食を鎌倉の子どもたちに

THINK KAMAKURA 意見広告

オーガニック給食を鎌倉の子どもたちに

由比ガ浜西自治会長・鈴木屋酒店女将THINK YUIGAHAMA事務局長 兵藤さら

10月8日号

コロナ禍の今だからこそ財政出動を!

意見広告

コロナ禍の今だからこそ財政出動を!

「決断と責任」中沢かつゆき

10月8日号

愛と自由のまち鎌倉を子どもたちに!

THINK KAMAKURA 意見広告

愛と自由のまち鎌倉を子どもたちに!

由比ガ浜西自治会長 兵藤さら

10月1日号

コロナから命を守る提案が次々実現中!

立憲民主党第4区総支部

コロナから命を守る提案が次々実現中!

立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

9月24日号

新型コロナから市民、県民を守る

県政報告【10】

新型コロナから市民、県民を守る

神奈川県議会議員 永田まりな

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook