鎌倉版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

市政報告vol.7 コロナ禍でも未来に投資元気のあるまちづくりへ 立憲民主党・鎌倉市政担当 岡田かずのり

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市の経常収支比率は100%を越えて財政硬直化が進み、792都市の中で769位でした(2019年度決算)。財政を好転させなければ、市民サービスの低下が避けられません。

 私は、短期的にはふるさと寄付金制度の充実や債権管理の充実などを通して増収を目指しながら、中期的には現在の法人市民税に匹敵する約16億円(固定資産税と都市計画税を含めた推計値)の税収増につながると言われる戦略的新駅を含む深沢のまちづくりを進めるべきと考えています。近年、多くの企業が鎌倉市から撤退し、鎌倉市の人口構成を見ると生産年齢人口が減少しています。再び企業を誘致することで職住近接の街をつくり、地域を再建するためにも新しい深沢のまちづくりが必要です。

 また鎌倉市の財政を考えるために、出来れば「ゼロから考える鎌倉市の財政」というような学習会を市民の皆さんと立ち上げたいという希望を持っています。議員や一部の職員が知っていても市民の皆さんが鎌倉市の財政を知らないと、的確に市政の評価が出来ないと思っての提案です。市民の皆さんと今後の鎌倉市財政の行く末を考え、硬直化を打開していきたいと思います。

岡田かずのり

鎌倉市植木在住

TEL:080-1265-1888

https://www.facebook.com/Okada5050?epa=SEARCH_BOX

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6

ゴミ袋有料化を廃止し、保育料・小学校給食無料化を

意見広告

ゴミ袋有料化を廃止し、保育料・小学校給食無料化を

前鎌倉市議会議員 中沢かつゆき

4月16日号

鎌倉市『防災まちづくり』構想

意見広告

鎌倉市『防災まちづくり』構想

地域・福祉・教育・行政の連携づくり

4月16日号

もっと安心・安全・元気な鎌倉に

市政報告

もっと安心・安全・元気な鎌倉に

自民党鎌倉市議会議員 森功一

4月16日号

どの世代も安心して暮らせる鎌倉に

鎌倉に恩返し【4】 意見広告

どの世代も安心して暮らせる鎌倉に

くり林こうこう

4月16日号

「I♡鎌倉」のタスキをして

活動報告

「I♡鎌倉」のタスキをして

悦田和久(城廻在住 59歳)

4月16日号

65歳以上のコロナワクチン第1陣鎌倉市で接種開始へ

市政報告

65歳以上のコロナワクチン第1陣鎌倉市で接種開始へ

自民党鎌倉市議会議員団団長 志田一宏

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter