鎌倉版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

歴史学ぶ季刊誌が1周年 本紙寄稿の浮田さん発行

文化

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena
A5サイズの冊子で、現在十数店舗で配布中
A5サイズの冊子で、現在十数店舗で配布中

 鎌倉の歴史を紹介する無料の小冊子「レキシノワ」が12月で創刊1周年を迎えた。発行しているのは、本紙連載「鎌倉のとっておき」の寄稿者の1人で、難易度の高い「鎌倉検定1級」を持つ浮田定則さん(42歳・今泉在住)だ。

 年4回発行する季刊誌として昨年12月に創刊した同冊子。源頼朝をはじめとした特集を中心に、歴史好きでも読みごたえがある古記録や古文書などの史料を読み解く企画、文化財の紹介などを掲載。これまで5冊を発行してきた。

 専門性の高いものばかりではなく、知人が描いてくれた温かな雰囲気のイラストやマップでの史跡紹介といった、観光客の散策の参考となるライトなものもある。「鎌倉に観光で来る人が、鎌倉で飲食を楽しみ、そこで歴史に触れ、何かを感じる。そんな素敵な光景を想像して作った」と浮田さんは話す。

 会社員として働きながらの制作のため、発行部数は限られているが、配布に協力する飲食店から「意外にも若い女性が真剣に読んでいるよ」「分かりやすくて私も勉強になる」といった声もあり、励みになっているという。配布場所の詳細や内容については、「レキシノワ」のウェブサイトやインスタグラムでも紹介している。

19日に企画展

 創刊1周年を記念し、企画展「レキシノワ『躍動する源頼朝の世界』」が12月19日(日)、カトレヤギャラリー2階(小町1の5の27)で開催される。入場無料。午前11時から午後4時まで。

 「普段お会いできない方と触れあえるのを楽しみにしています。レキシノワが表現した1年間の世界観を楽しんで頂ければうれしいです」と浮田さん。

鎌倉版のローカルニュース最新6

プラ削減のお店見つけて

プラ削減のお店見つけて 社会

感謝状贈呈や表彰も

7月1日号

指定管理者制度を導入

鎌倉市生涯学習センター

指定管理者制度を導入 政治

市議会、僅差で可決

7月1日号

ひょうたん娘に今井さん

ひょうたん娘に今井さん 文化

大井町の魅力を発信

7月1日号

夏の親子書道体験

夏の親子書道体験 文化

きらら鎌倉で22日

7月1日号

横浜で大河トーク

8月21日

横浜で大河トーク 文化

畠山重忠役・中川さんら

7月1日号

浜役者の名演、ウェブで

浜役者の名演、ウェブで 文化

加藤茂雄さんの『浜の記憶』

7月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook