足柄版 掲載号:2011年4月23日号
  • googleplus
  • LINE

足柄消防組合消防本部 消防長 韮山 茂さん 小田原市在住 57歳

住民の期待に応えたい

 ○…4月1日付けで足柄上地域1市5町を管轄する、足柄消防組合消防本部の消防長に就任した。初日の訓示では「(東日本大震災の)被災地へ隊員を派遣する関係で今後も勤務体制などに影響が出るが、職員一丸となりスクラムを組んで頑張ろう」と檄を飛ばした。「管内では昨年も台風による水害や山岳事故等が発生し、住民の消防へ寄せる期待は高まっている。チームワークとチャレンジ精神を持って応えていきたい」と意気込みを語った。

 ○…小田原市で農家の長男として生まれ育った。大学では工業化学を学び、オイルショックの真っ只中にあった就職戦線で、一般企業と秤にかけて地方公務員の道を選んだ。「地元で働けること、両親の手伝いもできるのではと考えたことが決め手でした」と振り返る。最初の配属から現在まで消防一筋35年、事務と現場を行き来した。「事務だけと思っていたので、まさか自分が遭難者を担架で運びながら山を降りたり、救急車の中で心肺停止状態の人に心臓マッサージや人工呼吸をすることになるとは思っていなかった」と微苦笑を浮かべた。

 ○…東日本大震災を受けて、様々な業務の見直しを始めた。非常時の職員召集にかかる時間やガソリンの確保、停電時の自家発電状況など確認事項だけでも多岐にわたる。「被災地から帰ってきた隊員の活動報告を検証して、こちらの対策に活かしたい。職員一人ひとりのレベルアップが必要」と真剣な面持ちで語った。

 ○…「家族や友人など大切な人がいるから、隊員は命をかけられる」とプライベートの大切さを訴える。自身も休日は、農業や小学生ソフトボールチームのコーチとして過ごす。数年前までアマチュア人形劇団にも入っていた。一番の理解者である妻は”大災害の時は、すぐ本部に行っていいのよ”と言ってくれている。「そうはいかないけれど、その気遣いが嬉しい」と照れ笑いを浮かべた。
 

足柄版の人物風土記最新6件

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

山口 貴弘さん

あしがら青年会議所の新理事長に就任した

山口 貴弘さん

1月1日号

菊地 昌子さん

交通指導隊員として30年活動し県警本部長表彰を受けた

菊地 昌子さん

12月16日号

瀬戸 忠さん

「千津島花紀行」の創設メンバーで事務局長を務める

瀬戸 忠さん

12月9日号

石田 勝也さん

丹沢湖畔のそば店でアート展を開く

石田 勝也さん

12月2日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク