足柄版 掲載号:2012年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

ASHIGARAアートフェスティバル「2012あしがらアートの森」の代表 中野 裕一さん 南足柄市塚原在住 62歳

子どもアートで地域おこし

 ○…閉校した旧北足柄中学校を子どもや親子のアート発表の場として活用する市民企画プロジェクト「あしがらアートの森」に取り組むメンバー代表。昨年度に実施した同様のイベントに引き続き全体の指揮を執る。前回のアンケート結果を参考に、今回は作品の募集エリアや年代、展示期間などを拡充し、ワークショップの数も倍増させた。「親子連れなど多くの人に来てもらい、様々なアートに親しんでもらいたい。この地域から元気を発信し、アートによる地域おこしにもつながれば」と意欲をみせた。

 〇…広島県出身。絵を描く事が好きで、中学校では美術部に所属。高校入試でつまづいた際、部の顧問でもあった担任から画業の道を示され、真剣に絵画に取り組むようになった。「切り替えの早い性格だから、すぐその気になっちゃった」と苦笑する。上京し、美大へ。卒業後は画家を目指し都内で活動していたが、結婚し子どもが産まれたことをきっかけに美術教師の道を選んだ。初赴任校はなんと北足柄中。「ちょうど体育館ができた年。まさか37年後にそこで美術イベントを開催することになるとは」と地域との縁をかみしめる。定年まで県西5校の教壇に立ち、昨年から再任用教員に。イベントではかつての教え子が掃除を手伝ってくれたり、子どもを連れて見に来ることもあるという。

 〇…子どもの美術作品で地域を盛り上げたいという思いから以前、一つの夢を抱いていた。「子ども美術館を建てたい」。惜しくも他県に先を越されてしまったが、そのくやしさが今回のイベント立案につながった。「後はこの思いを継いでくれる人が出てきてくれれば」と期待を寄せる。

 〇…月1回、妻と長野県へ出かけて、数日間「山小屋」に逗留するのが楽しみ。通称「山小屋」の図面は自身でひいた。「マキ割りや山菜取り等、自然の中でのんびりできるのがいい」。美術と子どもに熱い思いを抱くリーダーにも休息は必要だ。
 

足柄版の人物風土記最新6件

湯浅 俊作さん

杜氏として新たな酒造りに挑む

湯浅 俊作さん

2月17日号

根本 佐和子さん

みらい映画館まつだを企画した

根本 佐和子さん

2月10日号

瀬戸 貴代さん

ギャラリーNEW新九郎で絵画展を開く

瀬戸 貴代さん

2月3日号

柳川 幸也さん

地域の子どもたちに昔ながらの遊びを伝えている

柳川 幸也さん

1月27日号

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

松田町で43年の寿司屋

2月からバリエーション豊かなランチ開始!

http://www.matsuda-matsuzusi.com/

地質学的ドラマを巡る講座

南足柄市の文化遺産を紹介し、活用し、継承していくためのプロジェクトです。

http://ashigara-web.sakura.ne.jp/bunka/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3校合同演奏会

3校合同演奏会

南足柄市で25日(日)

2月25日~2月25日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク