足柄版 掲載号:2015年10月31日号 エリアトップへ

南足柄市で技能功労表彰を受けた養蜂家 柳川 正光さん 南足柄市飯沢在住 67歳

掲載号:2015年10月31日号

  • LINE
  • hatena

「蜂で地域に貢献したい」

 ○…箱根町と南足柄市で40年以上にわたり養蜂業を営み、ミツバチの針を使用する蜂針療法や、生産品を活用した健康法「アピセラピー」の専門家でもある。全国で約120団体が加盟するNPO法人日本アピセラピー協会理事長、県養蜂組合長などを歴任。長年の功績が評価され、南足柄市から技能功労者表彰を受けた。「蜂を通じて地域の方の健康に貢献したいという思いで取り組んできました」。実直に取り組んできた結果が評価された。

 ○…箱根町湯本で生まれ、小田原高校を卒業後に航空自衛隊に入隊。パイロットや指導教官として9年間従事した後に退官。28歳で父が営む養蜂業に携わるようになった。当初は「養蜂についてはなにもわからなかった」が、蜂と向き合いはじめて1年、「養蜂の新しい形を探したい」と、新聞で目にした日本蜂針療法研究会の立ち上げに「思い切って」参加した。蜂針療法の基本になる針治療を学ぶため、30歳を過ぎて鍼灸師の資格も取得した。

 ○…「みかん畑が多く気候も穏やかで養蜂に適している」と、箱根から南足柄市に移り住んだのは20年前。横浜で働く一人娘も結婚が決まり、「やっとひと安心」と妻と2人、胸をなでおろす。仕事の合い間に妻と連れ立って季節の花を観に出かけることが楽しみ。「協会の役もあるのでなかなかいけませんが、本当は2泊3日くらいでゆっくり旅行に連れて行ってやりたいですが」と苦笑い。

 ○…近年、ミツバチが大量に失踪する「蜂群崩壊症候群」が養蜂家の悩みの種になっているという。原因こそ解明はされていないが「養蜂は健全な自然があってこそ成り立つ。ミツバチが元気に活動できる環境は私たち人間にとっても住みやすい恵まれた環境ということ。そういった環境を守ることもこれからは課題になってくる」と警鐘をならす。ミツバチを介し、自然と人の共存方法を模索していく。

足柄版の人物風土記最新6

澤地 未依奈さん

向上高校チアダンス部で全国5位に入賞した

澤地 未依奈さん

大井町金子在住 16歳

3月28日号

本田 比佐子さん

県菓子コンクールで最優秀賞を受賞した菓子工房「青い空」の代表

本田 比佐子さん

大井町金子在住

3月14日号

籔田 開作さん

松田町観光ボランティアの会代表の

籔田 開作さん

松田町松田惣領在住 73歳

3月7日号

大森 聖子さん

パワーリフティング世界マスターズ元チャンピオンの

大森 聖子さん

松田町松田庶子在住 68歳

2月29日号

石川 寿一さん

岩原公民館で南足柄寺子屋塾を主宰する

石川 寿一さん

南足柄市中沼出身 78歳

2月22日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月4日号

お問い合わせ

外部リンク