足柄版 掲載号:2016年9月3日号 エリアトップへ

松田町の酒匂川河川敷で「アシガラマルシェ」を開催する 草柳 加奈さん 松田町神山在住 35歳

掲載号:2016年9月3日号

  • LINE
  • hatena

「喜ぶ顔が見たい」

 ○…松田町の酒匂川河川敷で初めてマルシェを開催する。実行委員会は2人体制だが、近隣の至るところでポスターを見かける。「みなさんが”どんどん頼って”と言ってくれて、本当にありがたい。人に恵まれている」と話す。取材中も通りかかった女性から「うちにもポスター貼って」と声をかけられるほど。相手の目を見て、楽しそうにはきはきと話す姿に、応援したくなる人は多い。

 ○…マルシェ(市場)が好きで、小田原市や大磯町などの会場を訪れていた。「お店で何を販売しているか想像するのが楽しくて。ワクワクする」と魅力を話す。生まれ育った足柄地域でもやってみたいと思うようになった。初回のテーマは「おそとリビング」。買い物だけでなく、人との交流や景色を楽しんで欲しいという。「レジャーシートを敷いて本を読みながら一日のんびり過ごす。住みたいと思ってくれる人が増えればいいな」と出店募集や企画準備に奔走する。

 ○…松田町生まれ。「保守的で、新しいことに挑戦する性格ではなかった」が、19歳のときに親友からオーストラリアの短期渡航に誘われて人生観が変わった。「英語を全く話せず不安だったけれど、親友と一緒なら」と一念発起して現地で過ごすと、言葉の不安よりも自分自身と向き合って接してくれることが新鮮だったという。自分で限界を決めずにまず挑戦しよう―。そう考えるようになると人生がより鮮やかになった。

 ○…帰国後はペットトリマーと出会い、2008年から松田町で「Wan Love」を経営する。飼い主とペットに喜んでもらうため、新しい技術の導入やトリミング後の撮影、手描きの手紙など心のこもったサービスに手を抜かない。従業員とも一緒に旅行を計画するほど仲良し。「みんなに喜んでもらえることが嬉しい」。積極的にボランティア活動にも参加、松田ちょい呑みの運営やDJ活動など多忙な毎日を送る。

足柄版の人物風土記最新6

久富 みちよさん

交流イベント「花いっぱいカフェ」を初開催した

久富 みちよさん

南足柄市在住 67歳

5月8日号

舟橋 ゆみ子さん

わらべ歌を通じ、遊ぶことの楽しさやコミュニケーションの取り方を伝える

舟橋 ゆみ子さん

開成町在住 60歳

5月1日号

三浦 圭子さん

開成町つくしの会の会長を務める

三浦 圭子さん

開成町在住 65歳

4月24日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月17日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

4月10日号

菊池 あかねさん

開成町と移送に関する協定を結んだ「福祉タクシー千+α」の代表

菊池 あかねさん

開成町在住 50歳

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter