足柄版 掲載号:2017年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

清水地区最後の専業茶葉農家になった 細谷 善國さん 山北町谷ケ在住 68歳

「ときめく」思い茶葉に

 ○…「この時季になると胸がときめく」。お茶の豊作を祈る献茶祭であいさつした。県内に500軒近くある足柄茶の生産者を代表する茶葉運営委員会委員長を5年前から務めている。「今年はどんなお茶になるのか」、「美味しく飲んでもらえるか―」。お茶にかける思いがにじみ出る。「しっかりと肥料を蒔いて良く育っても、加工次第で変わってしまう。手間はかかるけどそこがおもしろい」とお茶栽培にのめり込む。

 ○…山北町谷ケで4人兄妹の長男として生まれ、チャンバラごっこやメンコでわんぱくに遊んだ。谷峨駅からSLで山北高校に通い、明治大学農学部に進んだ。会社勤めするつもりが、友人に「自分でやった方が面白い」と勧められ家業を継ぐことにして静岡の茶葉試験場で研修を受け、父と一緒に畑に出た。1年間愛情を注いだお茶を収穫し、最初に飲む一杯には毎年「心が震える」。足柄茶品評会には26回入賞、5回の優等受賞など逸品の出荷者としても知られている。

 ○…自宅にファックスされる映画情報を夫婦で心待ちにしている。お目当ての映画があると車を走らせ映画館で肩を並べる。畑があり長く家を空けられず、旅行にも行けない日々だったが、8年前に息子が家業を継ぎ人出が増えたことで、畑を任せられるようになった。昨年は夫婦で長野に旅行へ出かけることもできた。「やっぱり継いでくれるのはうれしいね」。最盛期には「2人の娘も手伝ってくれる」と誇らしげ。

 ○…これまで背中を追ってきた父が3月に他界した。「普段は優しいが仕事には厳しい父だった」という。近ごろは簡単に飲める手軽なお茶の需要が増えているが「お茶は急須でも飲んでもらいたい。せわしない世の中だからこそ心を落ち着かせ足柄茶を飲んでもらいたい」と繰り返す。「ひと手間を惜しまず、楽しむ余裕が重要」お茶の収穫期は間もなく。今日も茶畑で惜しみなく愛情を注いでいる。

足柄版の人物風土記最新6件

小澤 水穂(みほ)さん

南足柄市の旧北足柄中学校で外遊びのイベントを毎月開いている

小澤 水穂(みほ)さん

1月20日号

小林 幸雄さん

瀬戸酒造店の杜氏として酒造りを担う

小林 幸雄さん

1月6日号

山口 貴弘さん

あしがら青年会議所の新理事長に就任した

山口 貴弘さん

1月1日号

菊地 昌子さん

交通指導隊員として30年活動し県警本部長表彰を受けた

菊地 昌子さん

12月16日号

瀬戸 忠さん

「千津島花紀行」の創設メンバーで事務局長を務める

瀬戸 忠さん

12月9日号

石田 勝也さん

丹沢湖畔のそば店でアート展を開く

石田 勝也さん

12月2日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク