足柄版 掲載号:2017年6月24日号 エリアトップへ

設立15年を迎えた車椅子レクダンスの会「矢車草の会南足柄支部」の会長を務める 飯田 進一さん 南足柄市塚原在住 80歳

掲載号:2017年6月24日号

  • LINE
  • hatena

元気の源はダンス

 ○…車椅子ダンスの普及に取り組む「矢車草の会」は全国各地にある。163番目に誕生した南足柄支部をまとめている。月1回、福祉施設の訪問が活動の中心で、『東京ラプソディ』など昭和の歌謡曲を中心に20曲以上の振り付けがある。70代で二度がんを患い、大手術を乗り越えた。体力こそ落ちたが日々の活動が元気の源。「みんなが笑顔になるのがいい。ハッピーが一番ですね」と意気揚々。

 ○…新潟県上越市、直江津の出身。旧国鉄の機関士だった父には「技術を身に付けなさい」と言われ育った。大学は得意の数学を生かして理工学部に進学。日立製作所の関連会社に就職し、エンジニアとしてコンピューターの設計を担当した。高度経済成長のなか新幹線の座席予約システム作りにも携わった。「達成感よりも、ちゃんと機能するか心配の方が大きかった」と振り返る。会社で隣の席だった「図面を描くのが上手な5歳年下のお嬢さん」をお嫁さんにもらった。

 ○…63歳で退職してからは「地域に恩返ししたい」と自治会活動に参加した。ボランティアに興味を持ち2002年に夫婦で車椅子レクダンスの養成講座に参加した。妹が30代から車椅子生活で「自分にできることはないか」と自問し続けていたことを思い出した。「まずは自分が楽しく」をモットーに過ごしてきた支部の仲間は平均年齢75歳になった。今年は15年間、着続け色あせたピンクのユニフォームを新調し、新たなスタートを切った。「仲間を増やしたい」という。

 ○…25年以上の社交ダンス歴がある。先に始めた奥さんを喜ばせようと、内緒で4カ月間レッスンに通った。あす25日の舞踏会に向けて夫婦で練習を重ねる。”スープの冷めない距離”に住む中1と小2の孫息子は週3回のペースで遊びにくる。学校生活の話を聴きながら「これから悩むことも増えると思う。いつも一番の味方でいたい」と成長を見守っている。

足柄版の人物風土記最新6

澤地 未依奈さん

向上高校チアダンス部で全国5位に入賞した

澤地 未依奈さん

大井町金子在住 16歳

3月28日号

本田 比佐子さん

県菓子コンクールで最優秀賞を受賞した菓子工房「青い空」の代表

本田 比佐子さん

大井町金子在住

3月14日号

籔田 開作さん

松田町観光ボランティアの会代表の

籔田 開作さん

松田町松田惣領在住 73歳

3月7日号

大森 聖子さん

パワーリフティング世界マスターズ元チャンピオンの

大森 聖子さん

松田町松田庶子在住 68歳

2月29日号

石川 寿一さん

岩原公民館で南足柄寺子屋塾を主宰する

石川 寿一さん

南足柄市中沼出身 78歳

2月22日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月4日号

お問い合わせ

外部リンク