足柄版 掲載号:2017年11月18日号 エリアトップへ

絵手紙作品集200冊を山北町に寄贈した 岡本 美奈子さん 山北町山北在住 76歳

掲載号:2017年11月18日号

  • LINE
  • hatena

なんでもプラス思考

 ○…1カ月に15通ほどの絵手紙を友人に送る。ざっと数えても年間180通にもなる。「出会っていなければどんな人生になったか想像もつかない」という。移ろう四季を、先生らしく、もうひとつ掘り下げて「二十四気」(二十四節気)に分け、手もとにある作品を中心に収録した。「笑顔になれる、元気になれる」そんな思いを込め掲載する作品を厳選した。「外に出られなくなった人にも楽しんでもらいたい」。屈託のない笑顔でそう話した。

 ○…1941年、西大井に室町時代から続く農家に生まれた。曽我小学校から湘光中、西湘高校には1期生として入学した。「中学までは家に帰れば農家の仕事。女が大学に行くなんてなかなか言い出せなかった」が、横浜国大に入学。教職免許をとり、卒業後は理科教師の路へ進んだ。「今と違って女は5・6年生を受け持たせてもらえなかった」が、研究主任、教務主任とキャリアを積み、管理職をめざした。

 ○…足柄上地区における女性管理職の先駆けでもある。小田原市の久野小、東富水小、富水小から1982年に南足柄小、87年から5年間は山北の清水小に赴任した。「足柄平野を流れる酒匂川の左岸で生まれ育ち、川をさかのぼるように学校を歩んだ」。92年に足柄上地区では女性初の教頭として三保小に赴任。96年には共和小で校長を務め、2002年に三保小学校の校長として定年を迎えた。

 ○…山間部の小規模校では地域にも「先生」がいる。生きた「教材」があることも学んだ。校長として迎えた初めての春、共和小には1年生が入学しなかった。「それじゃあ6年生がかわいそう」と、大野山牧場の職員が飼っていた羊の親子を迎え4月末に入学式を敢行。6年生に先輩としてふるまう機会をつくった。「明るく元気」。性格を自己分析する。大好きな絵手紙とは宮ケ瀬のレストランで出会った。今も月に一度、厚木にいる師匠のもとに通う。

足柄版の人物風土記最新6

石井 哲雄さん

内閣府エイジレス・ライフを受章した

石井 哲雄さん

開成町吉田島在住 74歳

11月9日号

中川 綾(りょう)さん

東海大学湘南キャンパスで行われる「建学祭」の実行委員長を務める

中川 綾(りょう)さん

大井町金手在住 21歳

11月2日号

安藤 和幸さん

内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める

安藤 和幸さん

小田原市城山在住 69歳

10月26日号

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

江島 紘(ひろし)さん

足柄地域の多くの市町も参加する小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会の会長を務める

江島 紘(ひろし)さん

小田原市城山在住 76歳

9月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク