足柄版 掲載号:2017年11月18日号
  • LINE
  • hatena

絵手紙作品集200冊を山北町に寄贈した 岡本 美奈子さん 山北町山北在住 76歳

なんでもプラス思考

 ○…1カ月に15通ほどの絵手紙を友人に送る。ざっと数えても年間180通にもなる。「出会っていなければどんな人生になったか想像もつかない」という。移ろう四季を、先生らしく、もうひとつ掘り下げて「二十四気」(二十四節気)に分け、手もとにある作品を中心に収録した。「笑顔になれる、元気になれる」そんな思いを込め掲載する作品を厳選した。「外に出られなくなった人にも楽しんでもらいたい」。屈託のない笑顔でそう話した。

 ○…1941年、西大井に室町時代から続く農家に生まれた。曽我小学校から湘光中、西湘高校には1期生として入学した。「中学までは家に帰れば農家の仕事。女が大学に行くなんてなかなか言い出せなかった」が、横浜国大に入学。教職免許をとり、卒業後は理科教師の路へ進んだ。「今と違って女は5・6年生を受け持たせてもらえなかった」が、研究主任、教務主任とキャリアを積み、管理職をめざした。

 ○…足柄上地区における女性管理職の先駆けでもある。小田原市の久野小、東富水小、富水小から1982年に南足柄小、87年から5年間は山北の清水小に赴任した。「足柄平野を流れる酒匂川の左岸で生まれ育ち、川をさかのぼるように学校を歩んだ」。92年に足柄上地区では女性初の教頭として三保小に赴任。96年には共和小で校長を務め、2002年に三保小学校の校長として定年を迎えた。

 ○…山間部の小規模校では地域にも「先生」がいる。生きた「教材」があることも学んだ。校長として迎えた初めての春、共和小には1年生が入学しなかった。「それじゃあ6年生がかわいそう」と、大野山牧場の職員が飼っていた羊の親子を迎え4月末に入学式を敢行。6年生に先輩としてふるまう機会をつくった。「明るく元気」。性格を自己分析する。大好きな絵手紙とは宮ケ瀬のレストランで出会った。今も月に一度、厚木にいる師匠のもとに通う。

足柄版の人物風土記最新6件

村上 博さん

全日本畳事業協同組合の副理事長を務める

村上 博さん

2月16日号

齋藤 邦雄さん

「おやじの料理教室」の講師を務める

齋藤 邦雄さん

2月9日号

松澤 大輔さん

山北町商工会長として地域活性化に挑む

松澤 大輔さん

2月2日号

井上 正文さん

山北町共和地区で「山づくり」に挑む

井上 正文さん

1月26日号

黒沼 壮太さん

立花学園高等学校演劇部顧問を務める

黒沼 壮太さん

1月19日号

夜空をムコウに

山北 道祖神祭

夜空をムコウに

1月19日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

医療から介護まで

管理栄養士、薬剤師、看護師、介護士 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク