足柄版 掲載号:2017年12月9日号 エリアトップへ

「千津島花紀行」の創設メンバーで事務局長を務める 瀬戸 忠さん 南足柄市千津島在住 72歳

掲載号:2017年12月9日号

  • LINE
  • hatena

故郷に彩りを

 ○…春は春めき桜、夏はハナアオイ、秋は酔芙蓉と彼岸花―。田園風景に四季折々の花が彩る地域づくりを20年以上続けてきた。”スープの冷めない距離に住む”高橋会長とは親の代からのお付き合いで、「会長を支えたい」と事業計画や市との打ち合わせ、PR活動などを担当している。会長は「組織の調整役で縁の下の力持ち。なくてはならない存在」と全幅の信頼を寄せている。

 ○…生まれも育ちも千津島。田んぼのあぜ道を歩き小学校へ通った。放課後は仲間と木登りや、小刀で削った竹でチャンバラごっこをして駆け回っていた。大学は商学部に進学。教職課程も専攻して高校の商業と社会科の免許も取得した。友人の誘いで「あがり症なのに」演劇部に入部。1年生のときから舞台に立った。東京の西仏会館や明治安田生命ホールで演じたこともある。卒業後は南足柄市役所に奉職し、税務、財政、上下水道、福祉関係など幅広く担当した。

 ○…25歳から職場の同僚に絵を習うようになった。「油絵は永久に残せる。塗り方で立体感がでるのも楽しい」と話す。南足柄市美術協会では副会長を務め、2つの絵画グループでそれぞれ月2回、講師を務めている。最近の題材は「魚」で特に深海魚に魅力を感じ、沼津港深海水族館に通いデッサンする。「生き物は見る角度でいろいろな表情があるから面白い」

 ○…名もなきボランティア団体からあしがら花紀行千津島、千津島花紀行と何度か名称は変わったが「魅力ある地域にしたい」というメンバーの想いは変わらない。年3回、開花時期に合わせて祭りを開催。模擬店を出して来場者を迎える。遠方から訪れるファンも多く、「たくさんの花を咲かせてお迎えしたい」という。「メンバーが皆、千津島が好きだからできる活動」。その思いを大切にしたい、もっと多くの人に知って欲しいと今後はもっとPRしていきたいという。

足柄版の人物風土記最新6

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

野瀬 勝利さん

江之浦ダイビングサービス アクアランドを経営する

野瀬 勝利さん

南足柄市在住 49歳

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook