足柄版 掲載号:2018年6月9日号
  • LINE
  • はてぶ

町文化財保護委員として広報まつだで「矢倉沢往還」の連載を4年にわたり執筆している 草門 隆さん 松田町神山在住 71歳

郷土史探求の情熱たっぷり

 ○…文化財保護委員の役割のひとつは「広報まつだ」に寄稿すること。順番がきて、松田文化財探訪『矢倉沢往還』の執筆を開始した。以来4年。7月1日号の27回目が最終回となる。

 ○…郷土史への関心は1969年4月から12年9カ月間、当時の「広報松田」に元文化財保護委員井上清氏が寄せた『松田の文化』を読んだのがきっかけ。さらに郷土史家本多秀雄氏の『あしがらの道』との出会いが矢倉沢往還へ傾注することになった。「自分にとってはバイブル」と言う。「掲載1回に載る文字数は700。準備の原稿は約10倍の量。計算したら合計18万9千文字位」と理系的。「出典は明確に」を軸に書いてきた。「松田には矢倉沢往還の3つのルートと人馬継立場が2カ所、末裔の家も健在で驚いた」、「松田の道は先人たちの汗と涙の賜物」と郷土愛たっぷりの言葉。近く2市3町で発行する「善波峠〜足柄峠『矢倉沢往還』ウォーキングガイド」にも筆をふるった。

 ○…1946年松田生まれの松田育ち。小田原城北工業高校1期生。卒業後、小田急電鉄に入社。電車・ロマンスカーの車両設計や電車運転士養成講師を兼務した。組織一体で「ヒューマンエラー防止」に精力を傾け、大野工場長として車両の安全を鉄道の裏方業に携った。親子2代で叙勲の栄に浴した。勤勉なDNAの持ち主。

 ○…定年後、神山から篠窪や四十八瀬川の畔を歩き想像の羽根を広げる、心豊かな時間を楽しんでいる。若い頃から凝ったのはモダンジャズ、ゴルフ、天目茶碗など。「収集癖がある」と嬉しそうに話す。断捨離を意識し始め、膨大な数のレコードやCD、書籍、茶碗の将来を憂慮中。文化財保護委員会と国際尊徳思想学会、矢倉沢往還を甦らせる会に所属している。

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

樋口 恢作(かいさく)さん

(公財)神奈川県老人クラブ連合会の理事長として活躍する

樋口 恢作(かいさく)さん

10月13日号

吉崎 重人さん

10月7日「お山のジャズコンサート」を開く松田ジャズ同好会の代表を務める

吉崎 重人さん

10月6日号

倉橋 貴志さん

国民体育大会ソフトボール成年男子の神奈川県チームを率いる

倉橋 貴志さん

9月29日号

湯川 義明さん

100回目の朝市を主催する南足柄市商店会連合会の会長を務める

湯川 義明さん

9月22日号

原田 征史さん

「大井のかかし祭り」の実行委員会の代表を務める

原田 征史さん

9月15日号

瀬戸 陽一さん

足柄峠笛まつりで篳篥(ひちりき)を奏でる

瀬戸 陽一さん

9月8日号

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク