足柄版 掲載号:2018年8月11日号 エリアトップへ

絵本の普及に取り組んでいる 上甲 知子さん 南足柄市岩原在住 46歳

掲載号:2018年8月11日号

  • LINE
  • hatena

「絵本はこどもも、おとなも」

 ○…4年前、21年間の公務員生活にピリオドを打ち、絵本講師に転身した。フリーで活動する今は、公民館や書店でのおはなし会、幼稚園や保育園で絵本講座、読み聞かせ講師、おとなのための絵本セラピスト、大人に絵本を広める活動など、絵本を軸にした活動をしている。本紙の絵本紹介コーナー「EHONでほっこり」にも執筆中。「紹介したい本がたくさんあり過ぎて」と話す時のお茶目な表情が印象的だ。

 ○…現在、大学生と高1、小5の三児の母。最初の子の育児中は「赤ちゃんが絵本をわかるわけない」と思っていたという。二人目の育児中に、ママ友が読み聞かせの会に誘ってくれた。そこでわずか5カ月の娘が絵本に喜ぶ姿を見て、大きな衝撃を受けた。以来ずっと絵本を育児に取り入れている。

 ○…自らの経験から「ぜひ、子どもとくっついて、自分の声で絵本を読んであげてほしい」と力説する。絵本は子どもだけにとどまらず、大人にも読んでほしいと思っている。それは絵本が「人はどうして生きるか」「人との関係性」「自分とは何かを考えさせてくれる」、つまり「絵本は哲学」と感じていることが多くなっているからだ。

 ○…南足柄市岩原に生まれた。西湘高から清泉女子大へ進み、国語学を学ぶ。卒論では源氏物語の中の修飾語をすべて調べた。好きな食べ物を聞くと「カリッと揚がった春巻きが大好物」とすぐに答えが。子どもと一緒に強力粉から皮も作る手作り餃子が自慢。「負けずぎらいで思い立ったら即動く性格」と自己分析。近場の移動はいつもバイクがお決まりのスタイル。最近、娘たちと3日間、伊豆白浜でボディーボードをして遊んだそうだ。「楽しすぎて日焼け止め対策を忘れてしまった」と小麦色の顔が笑った。

足柄版の人物風土記最新6

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

江島 紘(ひろし)さん

足柄地域の多くの市町も参加する小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会の会長を務める

江島 紘(ひろし)さん

小田原市城山在住 76歳

9月28日号

飯田 勝宏さん

松田山にコキアの里を開園する

飯田 勝宏さん

松田町松田惣領在住 74歳

9月21日号

坪井 浩司さん

松田町と連携してフィットネスジム運営をスタートする

坪井 浩司さん

大井町金手在住 31歳

9月14日号

荒井 俊明さん

公益社団法人小田原薬剤師会の会長に就任した

荒井 俊明さん

小田原市鴨宮在住 54歳

9月7日号

笠間 真二さん

高校野球の審判員を21年間務めた

笠間 真二さん

南足柄市中沼在住 60歳

8月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「郷土のいだてん」足跡を展示

「郷土のいだてん」足跡を展示

12日から 松田町民センター

10月12日~10月18日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク