足柄版 掲載号:2019年2月2日号 エリアトップへ

山北町商工会長として地域活性化に挑む 松澤 大輔さん 山北町山北在住 48歳

掲載号:2019年2月2日号

  • LINE
  • hatena

「担い手不足」をステップに

 ○…山北町商工会の会長に就いて9カ月が経った。自治会や議会など町の諸団体が共通して抱える「担い手不足」の問題に一石を投じる世代交代劇だった。山北の事業者を代表する会長職の担い手が無いなか、白羽の矢が立った。「正直なところ重いと思うことはあるけど、ここは何とか踏ん張りたい。家族や子どもたちが将来も住んでいく地域が良くあってほしい」と、強い思いで重責と向き合う。

 ○…40代を過ぎた頃から急速に「地域への興味」がわいてきた。酒匂川に現存する治水用の「かすみ堤(てい)」の存在を知ってからだ。「自分でも『ヤバイ』と思うほど地域への好奇心が止まらない。自分の中の堤防はすでに決壊しています」。そんな気持ちはスッと伝わってくるが「自分の気持ちや答えを人に伝えることが極端に苦手」と自己分析。言葉を選ぶ間合いから、その思いが発露している。

 ○…1970年生まれ。山北中学校近くの食料品・酒店「まつざわ」の三代目。自分の胸のうちにある知りたい事や、やりたいこと、そして好奇心が時に「妻を困らせている」とこぼす。愛妻家でありながら家庭の時間を割き、地域の幸せへの活動を両立させる立場にはいつも葛藤がある。目頭を熱くしながら「あれもこれもやりたくなって、動いてしまうんで」と、目尻にしわを寄せた。

 ○…小・中の校内マラソンでは6等が指定席だった。「少しはやれる」と考え小田原高校で陸上部に入るもレベルの高さに驚き、3年時に5千Mから3千M障害に切り替え県総体出場を果たした。こうして手に届く目標をコツコツと達成してきた。「JR御殿場線のエリアまたぎ問題を早期解決し、自分たちで値付けできるモノを地域で生み出したい」。尊敬するのは亡き父。3人娘の父でもある。
 

足柄版の人物風土記最新6

塚本 直樹さん

開成町100人カイギの事務局を務める

塚本 直樹さん

開成町みなみ在住 39歳

11月16日号

石井 哲雄さん

内閣府エイジレス・ライフを受章した

石井 哲雄さん

開成町吉田島在住 74歳

11月9日号

中川 綾(りょう)さん

東海大学湘南キャンパスで行われる「建学祭」の実行委員長を務める

中川 綾(りょう)さん

大井町金手在住 21歳

11月2日号

安藤 和幸さん

内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める

安藤 和幸さん

小田原市城山在住 69歳

10月26日号

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク