足柄版 掲載号:2019年4月6日号 エリアトップへ

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した 槙島 正雄さん 大磯町在住 61歳

掲載号:2019年4月6日号

  • LINE
  • hatena

商売下手な人情派

 ○…10月1日から導入される消費税の軽減税率制度は、国内初の出来事。「暮らしのさまざまな場面に変化を及ぼしますが、市民の関心はまだ低いですね」。小田原市、足柄上・下郡の税理士を束ねる支部長に就任し、「混乱を招かないように対策を考えることも我々の役目」と気を引き締める。

 ○…亡き父も税理士。自宅兼事務所で働く姿を間近で見て育ち、確定申告期間の多忙な様子に「税理士にはなるまい」と心に決めていた。後継を強いられることもなく、小田原高校を経て進んだ大学では法学部へ。鉄道好きが高じて旅行業界を志したが、4年生の夏に体調を崩して「透析治療の一歩手前」と診断され、就職活動を断念。夢は断たれ、卒業後は父の仕事を手伝うようになった。いわば成り行きだったが、「ブラブラしているわけにもいかない」と専門学校の夜学に入学。9年かけて税理士資格を取得した。

 ○…スポーツと無縁の学生時代を過ごしたが、病気を機に始めた水泳が今も趣味。4泳法を習得し、30代でマークした200m自由型の記録は「なんかね、当時の専門誌にも掲載されたみたい」。我が事になると、にわかに照れくさそうな表情を浮かべて早口になる。寝台車で全国を旅した鉄道好きは相変わらずで、税理士仲間からの愛称は『こてっちゃん』。頭に「こ」が付く理由は、「支部にはもっと詳しい『てっちゃん』がいるから」なのだとか。

 ○…税務書類の作成にとどまらず、顧客の経営について相談に乗り、助言することも税理士の大切な仕事。経営者の苦労を肌身で感じるからこそ、「報酬を請求するのが申し訳なく思ってしまって」という性格は父譲り。「人の商売の面倒をみるのが仕事だけれど、自分の商売は下手くそなんだよね」という人情派税理士だ。

足柄版の人物風土記最新6

山室 徹さん

松田町自然館の館長に就任した

山室 徹さん

小田原市在住 73歳

5月14日号

浜田 俊之さん

山北町立山北診療所長兼医師を務める

浜田 俊之さん

山北町在住 61歳

5月7日号

矢藤 慎一さん

立花学園高等学校の学校長に就任した

矢藤 慎一さん

南足柄市在住 55歳

4月30日号

荒井 範郎さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月23日号

根本 秀嗣さん

NPO法人仂(ろく)の代表理事

根本 秀嗣さん

松田町寄在住 47歳

4月16日号

津田 将美(まさよし)さん

松田町立松田小学校の校長を務める

津田 将美(まさよし)さん

山北町在住 59歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook