足柄版 掲載号:2021年8月21日号 エリアトップへ

南足柄市観光協会の会長に就任した 吉澤 賢治さん 南足柄市在住 51歳

掲載号:2021年8月21日号

  • LINE
  • hatena

地元への愛着を形に

 ○…「夕日の滝びらき」に「足柄金太郎まつり」など、地域の自然や文化にかかわるイベントの運営等を担う南足柄市観光協会。前会長の退任に合わせて自ら手を挙げ、7月から会長職を務める。任期は2年。「名の知れたところだけでなく、住民も知らない隠れスポットなどの素材も交えつつ、南足柄の良さを内外に発信できれば」と前向きだ。

 ○…コロナ禍で地域の観光イベントの多くが中止を余儀なくされる中、昨年から今年にかけては道の駅の完成や、はこね金太郎ラインの開通など明るい材料もある南足柄。一方、観光案内所のような場所がないなど、協会として活動改善の余地は大きい。「ゆくゆくは道の駅と連携して観光客の相談に乗るための場を設けるなど、新たなことにも挑戦したい」と意欲を見せる。

 ○…南足柄市出身。造園会社の長男として、社長である父の背中を見て育った。家業を継ぐことが自然と頭の中にあり、高校卒業後は専門学校で土木工学を勉強。20歳で小田原市の総合建設会社に就職し、現場監督として東名高速道路の集中工事に携わるなど経験を積んだ。28歳で実家に戻り、父親の跡を継いだ。

 ○…地元消防団や小・中学校のPTA会長、南足柄自然環境保全連絡協議会など、地域の活動にも積極的に取り組んできた。「依頼されるとついつい引き受けてしまうんです」と謙遜しつつも、地元への愛着があればこそのこと。防災、教育、環境と、多角的に仕事をこなすことにより、地域の魅力を改めて発見した。「南足柄は山、海など身近に自然が溢れ、本当にいい場所だと思います」。自ら築き上げてきた「人とのつながり」を武器に、地元に新しい風を取り入れようとする姿に地元愛がにじみ出る。

足柄版の人物風土記最新6

内田 英治さん

11月に展示会を開く、足柄老爺柿愛好会「天目会」初代会長の

内田 英治さん

南足柄市在住 73歳

10月23日号

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook