足柄版 掲載号:2021年10月9日号 エリアトップへ

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の 國見 清さん 南足柄市在住 76歳

掲載号:2021年10月9日号

  • LINE
  • hatena

「最高の1枚を撮りたい」

 ○…燃えるような紅葉、静寂に包まれる雪景色―。フレームに収められているのは四季折々の最乗寺。写真愛好家仲間3人と企画した最乗寺をテーマにした写真展を10月17日まで開催している。「これまであまり例がなく、不安だったが実現できて良かった」と寺院関係者の理解と協力してくれた人たちへの感謝がこぼれる。

 ○…出身は小田原市。高校を中退後、1964年に南足柄市にある富士フイルムに入社した。当時、日本中が東京オリンピックに注目していたが、新人だったこともあり仕事第一。「今年のオリンピックはきちんとテレビで見ることができた」と笑う。26歳の時に小田原工場に勤務していた妻と結婚。「社員交流で知り合ったんだよ。恥ずかしいな」と顔を赤くする。定年するまでに印画紙の検査、ポジフイルムの製作部署、管理部門などを担当した。

 ○…定年後、友人の依頼で障害者施設の指導員として勤務。「当事者の気持ち、接し方などを学んだ」と話す。同時に松田署の少年補導員も勤め、1市5町の小・中・高で講義をしたことも。

 ○…写真は10年ほど前、友人から撮影ツアーに誘われたのがきっかけ。「撮りたいと思った景色を表現できるところに魅力を感じた」。特に、霧がかかった風景など「要素が重なった風景の撮影」に力を入れる。気象条件が重なったわずかなタイミングでしか撮影できない場面は、一層意欲をかきたてると言い「何度も通って、撮れるかどうか。苦労も楽しんだよ」と。目標は、これ以上の一枚はないと思える写真を撮ること。「まだ実現していないからこそ楽しみは続く」。仲間内では、時には冗談を交え場の雰囲気を盛り上げるムードメーカーでもある。

足柄版の人物風土記最新6

内田 英治さん

11月に展示会を開く、足柄老爺柿愛好会「天目会」初代会長の

内田 英治さん

南足柄市在住 73歳

10月23日号

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook